3月のライオン 154話 ネタバレと感想-後夜祭で零が告白する!-

ヤングアニマル
スポンサーリンク

3月のライオン154話のネタバレと感想をまとめています。

 

ネタバレの前に前回のあらすじ!

 

ひなちゃんが無理しなくてもいいから、でも良かったら来てね!と零を文化祭に呼んでいた。そんな言葉を真に受けていいわけないと思った零は、島田と横溝に了解をとり文化祭にひなに会いに行く。

 

学校に到着するとひなと会うと泣いてしまうひな。ひなは学校で楽しくいられてうれしい、零が来てくれてうれしいと言う。

 

スポンサーリンク

3月のライオン 154話のネタバレ

文化祭にやってきた零はひなと会い、ひなが作ってくれた白玉とあべかわ餅を食べている。ひなが足が痛いことを話すと今日はもう座っといた方がいいと零が言う。

 

しかし後夜祭のファイヤーパーティーを楽しみにしていたひなは、駄々をこねる。すると零が腕をひなの前に差し出す。零の腕に捕まりながら教室を出ていく2人。

 

そんな様子を机の下から盗み見していた安奈とつぐみ。自然に腕を組む2人を見てあれが付き合ってないの?というか何で付き合わないの!と興奮している。

 

途中、クラスの出し物を見る2人。トロッコが大破されていた事を知り、何となく察しがついてしまった零。小池達を憐れむ…

 

すると後夜祭のファイヤーパーティー開催のアナウンスが校内に流れる。

 

火を見てひなは、町内の祭りにこんな大きな火はない!夜なのにみんな学校にいるのが不思議!とか興奮状態になっていた。

 

そこに小池達がやってきて、文化祭の出し物だったゾンビトロッコの感想を聞いてくる。話していると零の後ろに腕を掴んで隠れているひなに気付き、かわいい!と興奮状態。

 

零が説明する暇もなく次から次へと質問され戸惑う零とひな。ひなも一生懸命自分は彼女じゃないことを説明するが一切彼らの耳には入らない。

 

勝手にいじけて呪う小池達は、先輩の裏切り者!といって消えていった。

 

ひなが一生懸命に否定している時、零は「ちがわないよ」と言う。え?と振り向くひな。そしてもう一度「ちがわないよ」とひなを見て話す零。

 

キャンプファイヤーの火の粉が舞って綺麗なオレンジ色の中で、ひなに好きだよと告白する零。

 

3月のライオン 154話の感想

零、よく戻ったって感じですね。文化祭にこれなくてもひなちゃんは明るく振る舞っただろうけど、やっぱり零に見に来て欲しかったんですよね。

 

学校が楽しいよ!零ちゃんありがとう!ってこれが言いたかったんですよね、ひなちゃん。めっちゃいいこですよね。妹にほしいです^^

 

そんなひなちゃんがとうとう告白されましたね、零に。前回まではお姉ちゃんと結婚してくれれば、いつもそばに入れるという考え方でした。

 

だけど零が告白した事によって、ひなちゃん考えちゃうよね。文化祭でパニックになっちゃうんじゃないかと心配ですね。その後、零がどうフォローするのか。

 

そして2人の関係はどう進展していくのか。未来は明るい方がいいけど、じっくりゆっくり書いてくれると嬉しいですね^^楽しみがなくなっちゃうんでww

 

 

ヤングアニマル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほまれをフォローする
スポンサーリンク
漫画ぶるーす

コメント