3月のライオン 157話 ネタバレと感想-元天才あづにゃんの執念が凄い-

ヤングアニマル
スポンサーリンク

3月のライオン157話のネタバレと感想をまとめています。3月22日発売のヤングアニマル7号に連載中の最新話の漫画です。

 

前回156話のネタバレ記事はこちら

3月のライオン 156話 ネタバレと感想-野火止の執念が気持ち悪い!-
3月のライオン最新156話のネタバレと感想をまとめています。2月22日発売のヤングアニマル5号に連載中の漫画です。 ↓↓前回のネタバレは下で確認できます! 3月のライオン 156話のネタバレ 六段B級2組の...

 

スポンサーリンク

3月のライオン 157話のネタバレ

桐山は対戦相手が来るのを待っている。相手はあづにゃんだ。将棋会館にくる時に後に来ている事は確認していたが、まだ来ていない。

 

桐山は遅いな…と少し心配している。

 

あづにゃんは回想していた。自分は将棋に関し天才だと思っていた。周りが高校生棋士誕生と注目し、周りの目は自分をそういう目で見る。

 

それが快感でもあり、自分は望めば道が開かれると思っていた。しかし、ある日カゲAとカゲBが現れた。

 

カゲBが俺をまず破った、それはプロになって初めて年下に負けたのだ。そして俺は気付いた、気がつくと周りは鬼のように強い連中ばかり。

 

ここきて、自分を天才と言っていた連中はみな去っていった。そして自分は現実を受け止め、元天才として復活に燃えた。

 

そしてあづにゃんは、桐山の前に現れる。彼がカゲAの桐山で、今日の対戦相手。

 

カゲAはやっかいな相手だが、宗谷の劣化版と見ている。彼は努力を惜しまない秀才で、天才とは違うんです。それをみんな理解して欲しい。

 

天才は宗谷ただ1人。

 

だから自分は宗谷に挑む為に、この獅子王戦に全力で挑む。

 

そして子供の頃ばあちゃんが言っていた言葉。出来ないには2つある、1つは本当に出来ない事、もう1つはしんどそうでやらないこと。

 

よく言う夢は、このしんどそうでやらない事だと教えてくれた。

 

獅子王戦のトーナメント表見た時吐き気がした。こんな強い鬼しかいないとこで勝っていくには、果てしない勉強が必要だ。

 

ばあちゃん…こっちだろ?俺が輝く道はこっちの先にあるんだろ?

 

あづにゃんは桐山の前で、そう1人で考えている。しかも中腰で…

 

そんなあづにゃんに、このままだと遅刻になっちゃいますよと心配そうに桐山が言う。

 

スポンサーリンク

3月のライオン 157話の感想

今回は全部あづにゃんの心理面だけでしたね。前回もそうでしたね^^

 

元天才は本当に天才なんでしょうかね。桐山は秀才みたいですけど、あづにゃんは秀才以上って事ですよね。

 

今までのあづにゃんの成績が見てみたいですね。元天才がどれくらい凄いのか、桐山と比べてどう違うのか知りたい所です。

 

桐山もめちゃくちゃ強いって感じではないですが、まあ天才だと思ってたんですが違うみたいですね。

 

次回は対局が始まると思うので、楽しみにしたいと思います^^頑張れ桐山!そして桐山の彼女も見たい今日この頃…

 

 

コメント