アオアシ 163話 ネタバレと感想-レベルが違う!アシト超覚醒-

週刊スピリッツ
スポンサーリンク

アオアシ163話のネタバレと感想をまとめています。1月21日発売のスピリッツ8号に連載されている現時点で最新話の漫画です。

 

163話ネタバレの前に前回162話のあらすじ!

 

福田監督の指示のもと全員で意志共有を意識しだしたアシト達。1年の指示に対し的確に動く先輩たちは想像以上の動きをする。

 

そして遂に敵からボールを奪う事に成功する。その中で先輩たちはアシト達の指示の先を読んで動き始める。レベルの高さを実感しながらも、もっと俺たちに先の指示を出せと言われるアシト達。

 

みんなの意志が共有できてる。これなら行けるぞ!と感じるアシトは誰よりも守備を楽しんでいた。

 

詳しくはアオアシ 162話 ネタバレと感想

 

スポンサーリンク

アオアシ 163話のネタバレ

福田監督の指示のレベルの高さに自信がなかったエスペリオン。しかしアシト達と先輩たちは意志の共有がいまくいき辰巳からボールを奪う。

 

このチームは凄い、これなら行ける!とアシトは感じている。そして監督の言う嵌めるポイントが、アシトには見え始めていた。

 

VANSチームもおかしいと気づき始める。ディヘンスラインからの連動性が全然違う。しかし1年が入って急にこんな事ができるとは思えない。

 

攻め方を変えてみるかと考えるVANSチーム。

 

攻め方を変えて攻撃をしかけようとするVANSだが、ボールパスを出せないようにアシト達が守備をしている。

 

そして味方に出せなくなった時に、また1年の指示のもと小早川がボールを奪う。これに観客達も驚く。凄い!奪うポイント全て意志共有がみんなできてる!これがコンパクト守備なんだ。

 

これはヤバイと感じるVANSは辰巳に攻撃パターンの変更を指示する。2人で攻撃するという事だ。

 

ここまでうまくいっているのは、1年達が前半一生懸命やってチームから認められ、信用を得られたことだ。と福田監督は考えている。

 

そして想像以上に成長してくれたからこそ、今回の作戦を実行しもう1つ上を目指したいと。

 

VANSが攻撃を変える

 

ロングパスを入れてくる。身長の高い湯山だけが胸トラップし、そのまますぐ横に入ってきた酒井にボールが渡る。

 

VANSは思い通り出来てる様子だ。

 

しかしアシトはロングボールは入れさせればいいし、そこを取りに行く必要もない。監督の言っていた取るポイントで嵌めればいいだけだと笑顔だ。

 

1年達は敵にボールを持たせて、こっちがコントロール出来てる、スゲエ!と思っている。そして今まで通り守備をしているとアシトだけ異様な様子だ。

 

もうわざわざ引き付けなくてもいい、監督が言ったポイント以外でもいくらでも取れるポイントはある。そういってダッシュしだすアシト。

 

すると辰巳へのパスをドンピシャでパスカットするアシト。守備めっちゃ楽しい!と笑顔だ。そのアシトの動きに敵、味方みな呆然と見ている。

 

スポンサーリンク

アオアシ 163話の感想

監督の指示の下うまく作戦はまりましたね。というかエスペリオン全員が凄いということですね。

 

そして今回のポイントは何といってもアシトでしょ。あれは完全に覚醒しましたね。途中からボールが奪えるポイントが見えていたようですし。

 

さてこれからどうなるのか。アシトが覚醒し今度は攻撃ですよね。攻撃でもアシトは活躍出来るのか、そこが特に楽しみです^^

 

コメント