アオアシ 166話 ネタバレと感想-大友は強心臓!桐木へキラーパス-

週刊スピリッツ
スポンサーリンク

アオアシ最新166話のネタバレと感想をまとめています。2月9日発売のスピリッツ11号に連載中の漫画です。

 

ネタバレの前に前回165話は下で読めます。確認したい人は見てね!

 

アオアシ 165話 ネタバレと感想

 

スポンサーリンク

アオアシ 166話のネタバレ

何と選手交代して入ってきたのは1年のパッとしない大友だった。

 

アシトが声を掛けるまでガチガチだったが、プロになれるかどうかだし、失敗しても死にはしないと後ろ向きに腹を括っている。

 

そして試合が再開。VANSチームは大友の所から攻めろと指示を出す。大友はパスを貰うとすぐバックパスを出す。

 

朝利は大友は緊張してるだろうからと、とりあえず大友にパスは出さないように考える。

 

しかし大友は俺によこせとジェスチャーし、朝利が大友にパスを出す。パスを貰いながらディフェンダーを抜こうとするが、簡単につかまってしまう。

 

そしてまたバックパス。周りは落ち着こうとしてるんだと勝手に解釈し、それで言いと考えている。

 

アシトにボールが渡ると、大友がジェスチャーでボールを寄越せと言っている。そして大友に渡ると、すぐにまたバックパスで戻す。

 

エスペリオンのチームは大友がまだ落ち着いてないと言っている。するとプレッシャーとかあいつにはないですよ。

 

笛がなったらあいつは再強だとエスピリオンチーム。心が強いんだと言う。

 

桐木がいらいらしてボールを貰いに下がろうとすると、手で来るなと合図する大友。

 

アシトがボールコントロールをしていると、桐木めがけてパスを出そうとするアシト。その時大友が目で訴えている。

 

桐木には直で出すな!俺を経由しろと。アシトは桐木の方に蹴るが、大友がそのボールにチョコンと触れそのボールは桐木へ渡る。

 

場面は大友が選手交替する前

 

監督に呼ばれた大友はガチガチに緊張している。福田監督が指示を出そうとすると、やることは分かってると言う。

 

試合でないと思ってたから、試合を落ち着いて見ていた。そしてこの状況でやることは唯一つしかないと言う。

 

桐木と他の10人をつなぐ役目だと言う大友。完全に監督の意図を理解していた。

 

試合に戻る

 

ボールは桐木に渡る。一番驚いているのは桐木だ。そして桐木に向かって、Let It Rollと大友が決める!

 

スポンサーリンク

アオアシ 166話の感想

大友のこっち寄越せアピールかっこいいですね。めっちゃ自信満々ですからね。

 

最初登場した時のあのガチガチはフェイクか!と突っ込みたくなるほどの落差ですよね。

 

そしてワンタッチで桐木にパスを出せる技術、実は凄いんじゃないかと思いました^^さて次回は桐木が点を決めに行くと思いますので、これは楽しくなったきました!

 

1点決めてほしいですね、桐木くんに。不発でたまってるだろうから爆発してほしいです^^

 

 

コメント