あおざくら 115話 ネタバレと感想-親友ゼロ!燃える近藤!-

週刊少年サンデー

あおざくら115話のネタバレと感想をまとめています。

 

前回の話は下からどうぞ^^

 

ここ➔➔あおざくら 第114話 ネタバレと感想

 

あおざくら 115話のネタバレ

近藤は小付という仕事もしている。

 

部屋で坂木から伝達内容を伝えられる近藤。その後廊下で千葉にも会い、しっかりと挨拶をする。

 

坂木が千葉を嫌っているのはなぜだろうと考える近藤。近藤は千葉に特別悪い感じを持っていないのだ。

 

夜の自習室

 

近藤が黙々と勉強している。周りには寝ている人間がいたり様々だ。すると内線が鳴った。

 

みんなすごい勢いで電話を取ろうとする。取ったのは近藤。なんでみんな取ろうとするんだと焦る近藤。内線は一年が取らないといけないことになっている。

 

みなは近藤をいじめたいらしい。

 

呼び出された近藤は、来客がきたから面談に行くというと、上級生達にボロカスに言われる。

 

面談室の前に着くと、乙女も一緒に呼び出されていた。一緒に中に入る。

 

そこには、以前汐入で交通事故の際に会ったおじさんだった。おじさんは千葉にお礼にきたが、二人にも挨拶がしたくてとの事だった。

 

二人ともおじさんと手を取り合い和やかな雰囲気。

 

場面は自習室

 

近藤は二年の学科選択で猛烈に悩んでいた。そんなオーラが飛び散る近藤の後ろ姿を見て、上級生たちがまた女か、指導だなとかいっている。

 

悩んだ近藤は土方に聞こうとするが、一蹴される。ならと、同期の原田に聞きに行こうとすると、原田が目の前に。聞くと原田も迷っていて聞きにきたのだ。

 

どれにするか二人で話していると、原田が絶対一緒にとろうと言う。近藤の事を親友だからと説明する。それに少し感動した近藤は、決めたら教えるという。すると助かったー、ありがとうと原田。

 

助かった?気になる近藤だが、ありがとうという言葉が心を穏やかにしていた。

 

気を良くした近藤は色々な人に聞いて真剣に考えていた。そこで上級生の松平に会う。相談すると、全く参考にならないダメ人間の象徴だった。

 

その話しで原田が自分をブレーンとして利用しようとしていた事に気付く。近藤から怒りが爆発している。

あおざくら 115話の感想

今回は千葉の出番はほぼ無しでしたね。坂木をいじめる千葉が前回面白かったので残念ですね。前回は特にそういうシーンだったから仕方ないですね^^

 

近藤はいいですね、あの真面目さがw みんなに頼りにはされてるけどちょっと違うんですよね。親友は案外土方みたいなのが親友だったりするんですけどね。

 

今のところ土方にはガン無視されてるけど、いつかお互いを助け合う仲間になるんじゃないかと淡い希望を持っています僕は。

 

今回は近藤のいいやつさが出まくりましたけど、彼は黒い部分ってないのかなって思ってしまいました。なさそうなんですが。

 

あと、乙女出てきましたね。もうかわいいです本当に^^

 

コメント