あさひなぐ 327話 ネタバレと感想-百合音の戦法、奈歩への思い-

週刊スピリッツ
スポンサーリンク

あさひなぐ327話のネタバレと感想をまとめています。

 

前回の話は下でまとめていますので、よかったら読んで下さい^^

 

ここ➔➔あさひなぐ 326話 ネタバレと感想

 

スポンサーリンク

あさひなぐ 327話のネタバレ

インターハイ個人戦ベスト16に残った真春と百合音

 

二人は対峙していた。真春は百合音とのこれまでの戦い方に、何か違和感をおぼえていた。真春の得意な右中段をさせないようにしていたのだ。

 

そして真春と同じように百合音も構える。それを繰り返す百合音に気味悪く感じる真春。

 

この戦法試合でやるのはちょっとという感じだが、熊本東高校のチームメイトである十和はこのきたない戦法を絶賛している。

 

このミラーリングという戦法はやられている方の選手をイライラさせるのも狙いの1つなのだ。

 

そんな百合音の戦法を観ている観客達は、熊本東の戦い方ではないと思っていた。百合音は熊本東でも異質の選手だったのだ。

 

場面は百合音の高校

 

百合音は高校で誰にも心を開かず、いつも適当に受け流してきた。本当の自分の事なんか誰も分かってくれない、誰も自分に本気になってくれない。

 

だから自分も誰にも弱みを見せない。誰とも深く関わらない、そう思って学生生活を送っていた。

 

そんな時席の隣りにいた奈歩に衝撃を感じる。奈歩は薙刀は楽しいよ、勝った時はもう絶対といい放つ。その時の奈歩にいつももやもやしていた自分の価値感が崩れた。

 

奈歩の雰囲気は絶対的なものだったのだ。人がどうとか関係なく人に媚びるでもなく、自分を持っていたのだ。そんな奈歩に一瞬で惹かれたのだ。

 

それから百合音は薙刀を始める。奈歩の厳しい指導にも耐え続けていた。

 

そんな時一緒に練習をしている仲間が、百合音にそんなに厳しくしたらついてこれなくなると奈歩にアドバイスする。だが奈歩は外とか中とかそんなもの私にはないからと言う。

 

奈歩は途中から始めたってやりたい人には全力で指導するのだ。以前からやってるとかそんな事はどうでもいいのだ。ただ純粋に薙刀を高めたいそんな思いしかないのだ。

 

そんな奈歩を信頼し、奈歩に認めてもらいたくて、ずっとついていきたいと思う百合音だった。

 

百合音が来年のチームでどうやって勝てるか考えていた。今のままだと奈歩の足を引っ張ってしまう、どうしたらいいか…

 

場面は奈歩と百合音が道場で練習している

 

奈歩は百合音にお前きたない薙刀するなという。百合音は引きつりながら悲しく笑う。

 

きたない、人の嫌がることを選んだのだ。それが自分が奈歩にできる唯一だと考えて…

 

場面は真春と百合音の試合

 

百合音は考えていた。奈歩は私の太陽だ。絶対に他の誰にも渡さない!

 

あさひなぐ 327話の感想

今回の話は百合音のことが詳しく書いてあって読みごたえがありましたね。

 

百合音はけっこうもてて、適当に楽しく学生生活していたのに奈歩にあって一気に変わりましたね。変わるとこは凄くいいなって思ったんですが…

 

奈歩を思うがゆえなんだけどこのミラー戦法を選んだんですね。奈歩を団体でも日本一にするために。この友情をどうとらえるのかですね。

 

でも奈歩に練習で、きたない薙刀するなと言われた時の百合音の心情は複雑だったと思いますね。したくてしている訳ではないと思うんですけどね。

 

これは百合音しか分からないですね。

 

さてこの展開、真春がどう戦っていくかみものですね。真春は圧倒的な力でねじ伏せると思いますけど、怪我がちょっと気がかりですね。

 

 

週刊スピリッツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほまれをフォローする
スポンサーリンク
漫画ぶるーす

コメント