あさひなぐ 330話 ネタバレと感想-寧々…昔の奈歩と決別-

週刊スピリッツ

あさひなぐ330話のネタバレと感想をまとめています。1月28日発売の週刊スピリッツ9号に連載されている漫画で最新話です。

 

前回の話は下で読めます!

あさひなぐ 329話 ネタバレと感想

 

あさひなぐ 330話のネタバレ

寒河江と三須は後輩寧々の試合をネットで見ていた。寧々が勝ったようで、喜ぶ2人。この後すぐ準決勝かと話している2人だが、次の相手を知ってる2人は少し分が悪いなという感じだ。

 

そして寧々の試合が始まる。相手は絶対的王者の奈歩だった。寧々は構えながらいつぶりかな…こうやって向き合うのはと考えている。

 

みんながこの試合に注目している。そして試合が開始されお互い打突を入れあう。

 

寧々の回想

 

寧々はいつも奈歩に憧れていて、奈歩もそんな懐いてる寧々をかわいがっていた。そして寧々が引っ越しの報告をした時、奈歩は薙刀がんばってと笑顔だった。

 

でも寧々は奈歩に寂しくなるねと言われたかったのだ。好きであこがれの人に、ただ大切な存在として見られたかったのだ。

 

そんな清い思いを持ちながら試合をしている寧々。そしてそれを向かい打つ奈歩の試合は、観客の気持ちを清らかにするほどいい試合だった。

 

寒河江と三須が優しい顔でいい試合だねと言っている。奈歩は攻め続け遂に寧々からスネありとポイントをとる。

 

そして2本目が始まる。寧々は向き合う奈歩に、この人に勝ちたいと思ったこと一度もなかったと考えている。

 

場面は選手控室

 

寧々は奈歩に負けた。そこにつぐみがなぐさめに来た。寧々は今日の試合はどれも強くて大変だった。あん人も強かった!勝ちたかった!!と悔しがる。

 

そして寧々の気持ちの中に、昔奈歩に抱いていた感情はもうなかった。倒したかったのだ…

 

そしてまた新しい試合が行われていた。愛山高校の辻野みゆき対出雲英豊高校の佐来光里の試合。緊張感のある顔をしている。

 

あさひなぐ 330話の感想

寧々は奈歩の後輩だったんですね。好きだった人に寂しくなるねと言われるのと、頑張ってねと言われるのではちょっと感じ方が違いますね。

 

思わずなるほど!と思ってしまいました^^こういう思いを結構女性は持ってるんですね。中々勉強になりますね。女心は分からないこと多いですから。

 

そして寧々も最後にはただ憧れて好きだった対象から、倒したい相手として奈歩をみていましたね。これからもっと奈歩と仲良くなれる気がしますね。

 

奈歩はストイックな感じがするんで、本気の人こそ奈歩の近くにいける気がします。さて次回は辻野と佐来の試合ですね。どんな試合になるのか、そして何かエピソードがありそうで楽しみです^^

 

コメント