あさひなぐ 325話 ネタバレと感想 決戦直前!それぞれの想い‥

週刊スピリッツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あさひなぐ 325話のネタバレ

インターハイ最終日がいよいよ開幕する。

 

ライバルと戦っている回想シーン、そしてシーンとした試合会場。

 

朝ベッドの上で、東島旭と宮路真春をなぎななで倒している!そんなイメージを島田十和をしていた。そして顔は非常にリラックスしている。

 

一方シャワーを浴びる東條旭。その眼光は鋭い。部屋のカーテンを開け、キリッとした表情をしている。試合前のいい精神状態のようすが表情から伺える。

 

場面は試合会場近く

 

森拓磨がトラックの運ちゃんに、今日の試合会場近くまで乗っけてきてもらっていた。偶然にもここで寿慶をみつける。何故か拓磨と寿慶が一緒にタクシーに乗って下関武道館に向かう。

 

そのタクシーの後ろには旭と将子、両方の父親がタクシーで会場に向かっていた。

 

道中、旭の父親が運転手に今日うちの娘が薙刀の決勝トーナメントを出ることを嬉しそうに話している。

 

そして旭は袴に着替え髪をしばり、身支度をしている。前を向いたその表情は、やはり一流の力強さがにじみ出ている。

 

壁に貼り付けてあるトーナメント表を眺める愛知先生。誰かに電話しているが相手はでない。相手は山田だった。

 

なので愛知先生は山田にメールで伝えた。インターハイに二ツ坂、宮路は団体と個人共に決勝に残っている。怪我も大丈夫そう。インターネットでも全試合中継される。

 

時間あるなら‥と送られていた。

 

そのメールを眺める山田由美。ちょっと用事を頼まれていたが、今日はゴメンと断る。何かが心の中で変わろうとしている感じにみえる。山田の後ろ姿は寂しさが表れていた。

 

寒河江と三須がネット中継で試合を楽しみにしている。また、乃木もネット中継をみていた。河丸もまた不慣れそうにネットで中継を探していた。

 

みんな注目しているのだ‥

 

場面は青空の下

 

二ツ坂高校は円陣を組んでいた。皆が手を中心重ね、気持ちを一つにしていた。

「フタ高!ファイト!オオオオ!!!!」

スポンサーリンク

あさひなぐ 325話の感想

いよいよここまできた!って感じですね^^

旭の表情もいいし、これはやってくれそうな感じがビンビンしてきます!でも、やはり島田の不気味さは要警戒ですね。ヤバさしか感じませんよね‥

 

そして円陣組んだり、様々な人たちの思いを背負う感じは青春そのものですね。何か思い出してしまいますよね。自分にも熱中してた頃あったなって。

 

今その瞬間のためだけに全力を注げるあの熱さ。そしてそういう時って、何故か応援してくれる人がいたりするんですよね。胸が熱くなります。

 

旭がんばれ!!

 

コメント