BE BLUES! 362話 ネタバレと感想-通るか!龍から桜庭へ-

週刊少年サンデー

BE BLUES!362話のネタバレと感想をまとめています。1月16日発売の少年サンデー7号に掲載されている現時点で最新話の漫画です。

 

362話ネタバレの前に前回361話のあらすじ!

 

レッズYからFKのチャンスを得た武蒼高校。キッカーは龍。そしてその角度は龍が得意なものだった。そして龍が蹴ろうとするとレッズYが一斉にオフサイドをかける。

 

何と龍はFKを蹴らずこのFKを見破っていた。そして仕切り直しの2回目、龍はゴール左隅にシュートを叩き込んだ。集中力の凄さを見せつけた龍だった。

 

BE BLUES! 362話のネタバレ

龍がレッズYのゴール左隅にFKを決める。コースも集中力も文句なしのFKに観客が歓喜している。そして龍の元へチームメイトが駆け寄ってきて一緒に喜ぶ。

 

そして龍は敵の立彦の元へ走る。立彦がすげえよお前と言うと、まだ終わってない!まだ勝ってない!と立彦と対峙し、お互いやる気に満ちている。

 

レッズYのチームは流石に龍のFKを認めていた。すると荻本がチーム全体に喝を入れるように、もう1点いけるな!と立彦に大声で叫ぶ。

 

やる気まんまんの立彦は了解と叫び、そして龍にもう一度宣戦布告をする。そして主役は2人という雰囲気の時、1人割ってくる人物。

 

立彦、お前じゃねえよ!オレが試合を決めてやると桜庭が登場。そして龍が優人と桜庭と肩を組む。テンション上がっている龍。

 

そんな龍に、お前バンバンパス通すっていっただろうが、と足蹴りを入れる。もっとパス出せ!アホと桜庭。

 

試合再開、龍にパスが入ると、龍はろくにフェイントもいれず反転してあっさり敵のミノルとガクを抜き去る。レベルが一段と上がっている龍。

 

この試合は絶対に勝つんだ!と龍が意気込むと、その瞬間桜庭に絶妙なキラーパスを出した。桜庭の目がギラついている。

 

BE BLUES! 362話の感想

龍のフリーキックは凄かったですね。何といっても1回目オフサイドを見抜く冷静さ、あれはバケモンですね^^

 

さて、これでガンガンにレッズYも攻めてきますし、激しい攻防になりそうですね。立彦も更にテンション上がってるみたいだし、桜庭も火吹いてる感じですからね。

 

桜庭の超絶ゴールが見たいなと思ってはいるんですが、そう簡単に荻本がシュートさせてくれない気がするんですよね。それに慶吾もいますからね。

 

さて、龍、優人、桜庭、立彦、次回はだれが主役になるのか楽しみにしたいと思います。ちなみに今回の桜庭へのパスは、シュートまで持っていけないと予想しています。

 

荻本が出てくる気がしてなりません^^

 

 

コメント