ブルーロック 20話 ネタバレと感想-潔の執念!!千切…覚醒!!-

週刊少年マガジン
スポンサーリンク

ブルーロック20話のネタバレと感想をまとめています。

 

前回の話は下でまとめています。

 

ブルーロック 19話 ネタバレと感想

 

スポンサーリンク

ブルーロック 20話のネタバレ

12対10という絶対絶命のZチーム、残り時間も迫ってきていた。

 

國神と雷市が二人でチームWからボールを奪う。潔にとったぼーるが渡る。

 

潔が攻めようとすると、色々と考えてしまう。蜂楽、國神、我牙丸…どうやってゴールまで持っていけばいい。どうやって敵陣に切り込むか悩む。

 

突破口が見つからない、数的不利の状況が重くのしかかっていた。攻め手がないなか諦めない潔に久遠がマークにくる。

 

まだ諦めないの?勝負は甘くないよとマークをきつくしてくる。そして時間はアディショナルタイム3分になってしまった。

 

慌てだすチームZ。まわせと潔に言うが、もう誰に渡しても攻め手がないないらと潔がマークを1人で振り切ろうと試みる。

 

だが、あっさりボールを奪われてしまう潔。チームZは暴走するな!と潔に言う。あいつは何やってんだ…と必死の形相の潔を見て千切が思う。

 

倒れていた潔だが、諦めない。俺が!といいボールを奪いに行く。そんな潔にチームメイトも勇気づけられボールをとりにプレスをかける。

 

千切はボーッと見ていた。もう諦めろ、ギラついた目で追っている潔にそう思っていた。そしてチームZのプレスから弾いたボールが千切の元へ。

 

潔が千切のボールをどけ!と奪い取って敵陣に切り込む。千切はこのまま終わればいいじゃないか、諦めたら楽になれる、サッカー辞めれるのに…そう考えていた。

 

しかしあんなにも熱くなっている潔を見て、自分は何を怖がってるんだと考え出す。右足が壊れること、天才じゃなくなること、もうそんなんどうでもいい…

 

今忘れちゃいけないのはこの熱い想いだ!自分を信じることだ!千切は潔の燃えたぎるプレーを見て思い出したのだ。

 

潔がギリギリでボールキープした時、千切は走り出していた。怪我した足に絡まっていた重い鎖はぶっ壊れ、世界一のストライカーになるために。

 

千切はそんな世界一のスピードがゴール前に飛び込んできている事に気付く。ゴールの匂いだと感じる。千切もアイコンタクトを送っていた。出せ潔!!

 

ブルーロック 20話の感想

潔、ちょっと暴走気味に感じましたがどうにかゴールチャンスまできましたね。周りが駄目だから俺がというのはうーんて感じですけどね。

 

そして千切がとうとう目を覚ましましたね。今どうしたいのか、これが大事ですよね。さんざん怠けてたからここらで活躍して欲しいですね。

 

世界一のストライカーがゴール前に上がってくるスピードがもう少し見たかった気がします。もうゴール前まで千切きちゃいましたからね。それが残念かな…

 

次回千切がどんなプレーしてくれるのかを楽しみにしたいなって思います。千切の活躍はこの試合が終わった後の試合で色々楽しみにしたいと思います^^

 

 

コメント