ぼくたちは勉強ができない 103話 ネタバレと感想-緒方のヤキモチに唯我寝れない-

週刊少年ジャンプ
スポンサーリンク

ぼくたちは勉強ができない最新103話のネタバレと感想をまとめています。3月18日発売の少年ジャンプ16号に連載中の漫画です。

 

↓↓前回102話のネタバレはここで確認

僕たちは勉強ができない 102話 ネタバレと感想-唯我が真冬を笑顔にする-
僕たちは勉強ができない最新102話のネタバレと感想をまとめています。3月11日発売の少年ジャンプ15号に連載中の漫画です。 前回101話のネタバレ記事はこちら 僕たちは勉強ができない 102話のネタバレ 真...

 

スポンサーリンク

ぼくたちは勉強ができない 103話のネタバレ

唯我と緒方を化学室に呼び出す関城。

 

1DAYトレンDをいきなり二人に見せる。15時間接着を維持する接着剤だ。これをどうしたいんだと困惑する二人。

 

関城は化学部が今度発表する発明品に、OGとしてこれで参加すると言う。そんなことあったの?という感じの二人。

 

そんな事自慢できる人はあなた達しかいない…と急に元気がなくなる関城。慌てて興味を示す二人。

 

そんなに言うなら仕方ないねと言って、実演しようとすると関城の手に接着剤がびちょっと大量にかかってしまう。

 

急いで接着剤をとろうとすると、唯我の手が関城の手にびちょっと…

 

くっついてしまった二人の手を必死に話そうとする緒方だが、結局とれず諦めることに。15時間すればはずれるからと関城が言うが、明日の朝まで一緒じゃないかと慌てる唯我。

 

そしてそんな関城の手を触っている緒方に興奮した関城は、置いてあったネバーリキッドを頭から被ってしまう。これはただネバーってするだけの液体だ。

 

とりあえずこの液体を洗おうとシャワー室へ。関城がシャワーを浴びている最中唯我は手が繋がったままで、緒方とこれからの事を相談している。

 

うちは放任主義だから一晩くらい大丈夫だよとシャワー浴びながら言う。それはさすがにマズイと関城を見ると、何と全裸になってシャワー浴びていた。

 

見ちゃ駄目!と緒方が唯我を後から目隠しする。その緒方の胸の感触と繋がっている腕に掛かっている関城の下着とかで唯我は爆発寸前。

 

関城の家にやってきた三人。緒方が自分の部屋にいることに喜び隠しきれない関城。そして部屋に入る前に、二人で何かしてたようですが?と聞く緒方。

 

30分前、実は関城の部屋は緒方だらけだったのだ。緒方が写った大きな写真や、緒方のぬいぐるみとかでいっぱいだった。

 

これはちょっと驚いちゃうよね?と関城が言うと、引きながらそうだね…と唯我。とにかくごまかすぞと言って緒方の色々な物を隠していたのだ。

 

その事を説明できない二人は、適当にごまかす。

 

そして勉強している唯我のノートや、みんなが成績伸ばしてくれてうれしいと言う唯我にちょっとかっこよくなったじゃないと思う関城。

 

ハッと我にかえる関城。緒方が好きな相手にこんな気持ち…

 

そして不意に手元の布を引っ張ってしまう関城。そこから緒方の額入の大きな写真が!慌てる二人はUFOが!とか言ってどうにか緒方をごまかす。

 

そして夜、三人川の字で寝ている。関城は爆睡しているが、唯我は寝れない。そして緒方がここまで付き合ってくれて優しいなって考えていた。

 

すると緒方が唯我の方に寝返りうってきて、密着する。そして唯我の手を握る。そんな状況の中で唯我は朝まで寝れなかった。

 

朝、手が離れ二人が帰っている。歩きながら昨夜の事を言いかける唯我だが、聞き返されると恥ずかしくなって何でもないと言ってその場を去る唯我。

 

緒方は、ずるいよね…私…あれはヤキモチ。

 

↓↓ネタバレ記事のまとめです

僕たちは勉強ができない ネタバレ一覧
僕たちは勉強ができない 95話 僕たちは勉強ができない 96話 僕たちは勉強ができない 97話 僕たちは勉強ができない 98話 僕たちは勉強ができない 99話 僕たちは勉強ができない 100話 僕たちは勉...

 

スポンサーリンク

ぼくたちは勉強ができない 103話の感想

関城さん緒方愛が凄すぎですね^^部屋中緒方だらけはさすがに見せられないですよね。

 

でも、あそこに唯我がいなかったらあのまま緒方を部屋に入れそうで怖いです^^

 

そして緒方の攻撃凄まじいですね。わざとやってる時もあるけど、無自覚の時もあるから緒方は怖いですね。

 

胸を押し当てるとか、男子はもう大変ですよね。あの技は反則だと僕は思ってます。というかよく唯我は我慢できるなと思う今日この頃ww

 

そして今回、緒方が夜に唯我に抱きついたシーン。あれは純粋なヤキモチなんですね。

 

関城と一日手を繋いでいる唯我に我慢できなかったんですね。可愛い!って思ってしまいました^^

 

別にずるいとかは無いと思いますが、緒方は自分の行為をそう考えてました。微妙に真面目だなって思いました。

 

さて次回はどんな話しになるか楽しみです^^

 

 

コメント