BUNGO ブンゴ 170話 ネタバレと感想-野田渾身の1撃!!-

週刊ヤングジャンプ
スポンサーリンク

BUNGO ブンゴ170話のネタバレと感想をまとめています。

 

スポンサーリンク

BUNGO ブンゴ 170話のネタバレ

目を閉じて精神を落ち着かせる野田。そして自分の体に、信じるぞ‥ベストスイングをしてくれと語りかけた。

 

静かに冷静でありながらも全くスキが無い野田に、石浜とは正反対でこれはヤバそうだなと緊張する下川。

 

下川が帽子を飛ばしながらも渾身の力で投げた。野田は球に微妙にタイミングを合わせながらも、絶妙なスイングをする体をを褒めた。

 

これがベストスイング!だとインパクトの瞬間、肩に痛みが走る。とっさに片手でバットを振り切る。ボールが外野に飛んでいくのを皆が目で追っている。

 

左中間を抜け長打になった。チャンスとみて神谷もホームを狙うが、上本牧の中継プレーに刺されアウト。しかし1点入れた静央。ついに均衡が崩れた。

 

野田の素晴らしいバッティングに沸く観客席。しかし肩を触っている2塁の野田…

 

間瀬が続くと思ったが、諸星のファインプレーによってスリーアウト。マウンドを降りる下川に対し、チームメイトが駆け寄って声をかける。

 

期待以上のピッチングしてんだから謝んな。それにチャンスはまだある。野田は左腕を痛めてたようだから、守備も変わった。急造守備だ。チャンスはある。

 

そう仲間たちが下川を励ます。

 

そして1年キャッチャーの米村に対し、配球はきにするな。ど真ん中に構えててくれと。力強くも優しさが感じられる文吾。

 

炎のオーラをまとう文吾!

スポンサーリンク

BUNGO ブンゴ 170話の感想

野田の体の痛みを感じながらのベストスイングというのがしびれますね。さすが俺の体と信頼してるだけのことはありますよねww

 

そして何といっても文吾登場でしょ^^燃えてますね、メラメラ感ハンパないっす!真ん中構えててくれればいいってタッチの達也を思い出しちゃいます。

 

しかもキャッチャーにも少し優しさを感じるんですよね。米村をある意味信頼してる感もある気がしました。次回からまた一段と面白くなりそうです^^

 

 

コメント