BUNGO ブンゴ 171話 ネタバレと感想-文吾の爆発的覚醒に挑む諸星-

週刊ヤングジャンプ
スポンサーリンク

BUNGO ブンゴ171話のネタバレと感想をまとめています。

 

前回の話はこちらBUNGO ブンゴ 170話 ネタバレと感想

 

スポンサーリンク

BUNGO ブンゴ 171話のネタバレ

左肩を抑えベンチ裏に行こうとする野田だが、視線は文吾へ繋がっていた。二人は視線だけで何か物語っていた。

 

舞台は7回表、マウンドは文吾。ここで絶対に決めると闘志がみなぎっている。

 

バッターはキャッチャーの井草。文吾が投げるといきなりすごい音がキャッチャーミットを鳴らす。きたかと誰もが思った。

 

そして2級目遥かに速い球を投げ込む文吾。井草はあんぐりした表情で文吾を評価していた。まぐれでも何でもいいから当たれと三球目を打った。

 

ボールはキャッチャーに当たり前に転がるが、キャッチャーが一塁に投げアウト。

 

諸星がバッターボックスに立つ。諸星は2年前の文吾より成長していることに闘志を燃やしている。

 

そんな諸星はストレートを思いっきり投げるだけだ。1級目思いっきり諸星はスイング、しかしボールは当たらない。

 

2級目もストレートを打つことが出来ない諸星。文吾の凄さに驚きを隠せない両チーム。

 

化物かと焦る諸星。球威、球速、キレ全てがどんどん激しくなる文吾。本当に化物へ覚醒を始めていた。

 

諸星は立花と話していたことを思い出していた。お前は利己的でもっと成長できるし、何でも叶えられる素質を持っている。

 

お前の限界はこんなもんじゃない、俺にはそう見える。そんな言葉が脳裏に浮かんでいた。

 

俺は絶対に静央にリベンジしてやる、野田を悔しがらせてやる。俺はバッターとして誰にも負けねえ!立花さんにもだ!

 

諸星の表情が冴える。何か吹っ切れたような顔をしている。集中力がました諸星は、成長できるチャンスだと気合が入りまくった。

 

打つ気満々の諸星。対して息を上げている文吾。対峙する二人、勝つのはどっちだ!

 

BUNGO ブンゴ 171話の感想

野田と視線だけで理解しあえる二人、かっこいいですね。文吾もこの会で決めないと駄目だというのは分かってますからね。

 

取り敢えずツーアウトは簡単にとりましね。けど明らかに覚醒段階に入ってますね。この成長を止められる見ものですね。

 

全ては諸星にかかってますね。諸星が多分粘ると思うんです。諸星の意地と文吾の成長どっちが勝つか面白くなって来ました^^

 

予想では諸星が打つんじゃないかと。文吾が打たれるというより打ち取ったけど、アンラッキーなヒットになる。という予想ですね。

 

どっちが勝つか楽しみですね。基本的には文吾を応援してますけど^^

 

コメント