BUNGO ブンゴ 172話 ネタバレと感想-消えた文吾のストレート!-

週刊ヤングジャンプ
スポンサーリンク

BUNGO ブンゴ172話のネタバレと感想をまとめています。1月10発売のヤングジャンプに掲載されている現時点で最新話の漫画です。

 

172話のネタバレ前に前回171話のあらすじ!

 

諸星は文吾が成長していることを確信していた。そんな諸星にたいし徹底した直球一本で勝負してくる文吾。カウントは2ストライクと諸星を追い詰める。

 

そんな文吾の投球を見ている野田監督は文吾が爆発的成長をしていると認める。そして諸星はここで文吾からヒットを打つと強い信念で打席に立っていた。

 

詳しくはBUNGO ブンゴ 171話 ネタバレと感想

 

スポンサーリンク

BUNGO ブンゴ 172話のネタバレ

野田は病院に向かっている車の中で、文吾がどういう投球するか考えていた。文吾は諸星に対し多分直球一本で勝負すると予想していた。

 

そして諸星はそのストレートに当てることは出来るだろうと。

 

場面は球場

 

諸星が文吾の直球をファールしている。なんと3球連続のファールである。しかも徐々にタイミングが合ってきている。

 

心配になった袴田が文吾に駆け寄ってくる。もう10球ど真ん中ストレートだ、諸星の頭にはストレートが刷り込まれているからカーブで十分打ち取れる。

 

もうストレートは投げるな、6回で奪った1点は皆で苦労してとった1点だ。そして上本牧にたったの1%も勝てる希望を与えてはいけないと文吾に言う。

 

しかし文吾は全球ど真ん中ストレートで押し切ると言い放つ。

 

場面は病院に向かう野田

 

野田は車の中で心配などしていなかった。諸星に文吾のストレートがまともに打たれることはないと確信していた。そんなことより文吾が日本一の投手になる可能性は、ここかも知れないと考えていた。

 

場面は球場

 

諸星に対し6球目を投げる文吾。するとキャッチャーは一瞬ボールが消えたと錯覚する。とその瞬間キャチャーミットに凄い勢いでおさまる文吾のストレート。

 

諸星は空振り三振。諸星の顔が文吾のこの一球の凄さを現していた。そして次のバッター下川から三振を奪いゲームセット!

 

そして富士ヶ丘が偵察にきていたが、下川の打席の途中で勝敗を確信し帰っていた。

 

夏季関東大会3回戦、石浜文吾はノーヒットノーランを達成した。富士ヶ丘がなんとしても文吾を引っ張り出さないとねと話し球場をあとにする。

 

スポンサーリンク

BUNGO ブンゴ 172話の感想

文吾が諸星に投げた最後の球は、なんだったんでしょうかね。諸星の表情が一体なにを物語っているのか知りたいですね。

 

もしかしたら諸星が話す場面がでてくるかもしれないので、それをちょっと期待して待ちたいと思います。

 

あとは野田ですね。これから病院で精密検査なり受けると思いますが、大したことないといいなって思います。

 

富士ヶ丘が偵察に来てましたが、文吾対策をどうしてくるか見ものですね^^

 

 

コメント