ダイヤのA(エース)actⅡ 150話 ネタバレと感想-安心しろ!先輩の底力-

週刊少年マガジン
スポンサーリンク

ダイヤのA(エース)actⅡ150話のネタバレと感想をまとめています。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA(エース)actⅡ 150話のネタバレ

一回表マウンドに立つ沢村。既に2点とられ、本調子ではない。

 

沢村が投げる、由良総合のバッターはバンとをし沢村が処理をする。御幸がファーストの指示を出しファーストでアウトを取る。

 

これでツーアウト二塁。次のバッターは6番の万波で長打も打てる警戒のバッター。青道はバックホーム体制をとった。追加点を許さないシフトだ。

 

御幸はボールの力がいつもに近づいてきていると感じ、ここで何としても止めたいと考えている。一方由良総合の監督は万波の為にある状況だとイケイケのムード。

 

沢村の球に食らいつく万波。ファールで粘り、そしてついに打った。しかし倉持がファインプレーでファースをアウトにした。

 

洋ちゃんありがとう!と言う沢村にテンパりすぎだと言う倉持。

 

御幸は万波のバッティングを見て、チェンジアップを狙っているのかと考えていた。

 

ベンチに戻った沢村はすぐさま由井少年!といい、今日なんかおかしい、すぐ感覚戻したい!とブルペンに向かう。

 

御幸は監督に沢村の調子はまだ本調子じゃないと伝える。

 

由良総合の先発は3年のサウスポー北方。そしてエース東山、大須の3人継投でくると見る峰。

 

バッターボックスに入る倉持。何点ありゃ安心できる沢村…俺たちに任せろと、お前らしく投げろ!と気迫のバッティング。

 

ボールは右中間へ、そして倉持は二塁を躊躇なく蹴った。一気に3塁まで加速する倉持。リードオフマン倉持三塁打。

 

続く2番小湊。ミーティングを思い出していた。試合に出ていない選手までしっかりビデオで取ってくるなべが、今日のピッチャーを予想してくれていた。

 

栄純君心配いらないよ。うちは皆でサポートしてるから。二点位楽勝と打つ。一点を返し2塁打の小湊。盛り上がる青道チーム。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA(エース)actⅡ 150話の感想

沢村の調子どうなんでしょうかね。御幸もまだ本調子じゃないと言ってますし、本人もおかしいと気づいてますね。

 

これから修正できるとは思うんですが、その理由ですよね問題は。単なる緊張で調子が悪いならいんですけどね。まあ次回楽しみの一つですね。

 

由井ちゃんがもしかしたら何か気づくとかありそうですね。覚醒の瞬間だったりしたら面白くなりそうな感じがします。

 

それにしても青道の先輩達はみんなかっこいいですよね。2点くらい楽勝なんですからねww

 

何点あれば安心できる?とかそんなかっこいい事言ってくれる先輩いたら、本当気分は無敵な感じになれますよね。投手ならそんな環境最強だと思います。

 

さて次回青道の攻撃、どこまでやってくれるのか楽しみにしたいと思います。

 

 

 

コメント