ダイヤのA(エース)actⅡ 153話 ネタバレと感想-撃沈!沢村-

週刊少年マガジン

ダイヤのA(エース)actⅡ153話のネタバレと感想をまとめています。1月23日発売の週刊少年マガジン8号に掲載されている現時点で最新話の漫画です。

 

ダイヤのA(エース)actⅡ 153話のネタバレ

序盤は由良総合のペース。2回が終わり1点リードを許す青道高校。初回から沢村の調子が悪く苦労している。

 

観客がそろそろ落ち着いてくれないとなと青道に対して言っている。

 

そして3回表由良総合はピッチャーを東山に代えてきた。早い交替で青道に隙きを与えない榊監督。先手をうってくる由良総合に青道ベンチにも緊張が走る。

 

八弥王子高校も早いな、この継投がどうなるかだな。青道がこのまま黙っているとは思えないし…

 

ストレートでどんどん押してくるピッチャー、結構三振も取るけどうちならいけると思うと分析しているナベ。

 

しかし初球はスライダー!一気に2球続けてスライダーでツーストライクに追い込む東山。打席の倉持は力が入る。

 

そして3球目を引っ掛けてアウト。続く打者2人が打つことは出来るがヒットは出来ない。この回を3人で終わらせた由良総合。

 

継投がうまくいき勢いづく由良総合。

 

青道はストレートを狙っているオレ達の裏をかいたリードだな。前の試合から伏線はってたのかと話している。

 

そして気合を入れ替える青道。御幸は沢村にチェンジアップは少なめに、カットボール改とツーシームで行くぞと声をかける。

 

うなづく沢村。御幸は流れさえ掴めればと考えている。

 

そして沢村はこの回も調子が上がらず、フォアボールを出してしまう。この試合4つ目のフォアボールに沢村本人もいらついている。

 

青道がタイムをとる。観客は強豪が負けるパターンじゃないか等言っている。榊監督が青道のピッチャー陣の準備を確認している。

 

そして、いいのか鉄心?上ばっかり見てると足元すくわれるぞと榊監督はニヤついている。

 

すると突然投手交代の青道。マジかという顔をする青道の選手達。この交替に榊監督の顔がこわばっている。

 

ダイヤのA(エース)actⅡ 153話の感想

沢村、最後まで調子上がらなかったですね。あのままだとやはりやばいと考えたんでしょうか。まあ、普通に戦えば勝てる相手だと思うので心配はないですね。

 

でもちょっと誰がピッチャーなのか気になりますね。榊監督の顔も少し変でしたし、青道ベンチの作戦が知りたいですね。

 

沢村がこのまま終わるとは考えられなかったんですが、残念ですね。御幸はどう考えてるかも知りたいです。これから青道の強さ見せてほしいですね^^

 

コメント