ドメスティックな彼女 215話 ネタバレと感想-ルイ「別れよう」なぜ!-

週刊少年マガジン

ドメスティックな彼女215話のネタバレと感想をまとめています。1月16日発売の週刊少年マガジンに掲載されている現時点で最新話の漫画です。

 

215話のネタバレの前に前回214話のあらすじ!

 

ルイが突然アメリカから帰ってきたが、夏生はこれから雅に会いに行く所だった。それがルイにバレてしまう。そして言い合いになってルイは一旦出ていってしまう。

 

ルイが思い直し夏生のアパートに戻ってくると、夏生が心配になってきた雅と会ってしまう。そこで夏生が小説かけなくなったこと、自分が彼女なのに相談して貰えなかったことに悲しくなって去ってしまう。

 

詳しくはドメスティックな彼女 214話 ネタバレと感想

 

まとめて読みたい方は下の一覧を見てね!↓↓

ドメスティックな彼女 ネタバレ一覧
ドメスティックな彼女 213話 ドメスティックな彼女 214話 ドメスティックな彼女 215話 ドメスティックな彼女 216話 ドメスティックな彼女 217話 ドメスティックな彼女 218話 ドメスティッ...

 

ドメスティックな彼女 215話のネタバレ

夏生が家に帰ってくるとひな姉がルイはいないよと教える。ルイが昨日泣いてたから何かあったんじゃないかと聞いてくる。

 

黙ってしまう夏生。

 

その頃ルイは喫茶店のラマンで昨日のことを話していた。マスターもフミも夏生が小説書けなくなっていた事を知らなかった。

 

フミには色々相談してたのに、黙っていたって事は相当深刻だったと思うよとマスター。フミも夏生はルイに心配かけたくなかっただけだと思うとルイを気遣う。

 

ルイもそれは分かっているようだったが、自分よりサークルの人が夏生の事分かってる感じが凄く嫌だったのだ。自分が彼女なのにって考えてしまって、嫌な子になってたとルイが言う。

 

気持ちが全然コントロールできないんだよねとルイが言うと、それは好きというよりかは執着かも知れないねとマスター。

 

夏生がスランプだと聞いた時に夏生のことより、彼女の自分が知らなかったという自分の方が悲しくなったってことでしょ?

 

気をつけないと束縛とか支配の方に気持ちがいっちゃうよとルイにアドバイスするマスター。それは嫌だな…とルイ。

 

ちゃんと謝ればまた元に戻れるよとルイに優しく接するマスター。

 

ルイが家に帰ってくると、夕ご飯の席に夏生がいる。お互い一瞬固まるが、割と普通に団らんするルイ。

 

夜、夏生がルイの部屋をノックするが、は~っとため息をつき夏生は自分の部屋で寝る。ルイが昨日泣いてた顔がちらついて寝れない。

 

すると夏生の部屋のドアが開き、ルイが一緒に寝てもいい?と立っている。一緒に寝る2人はお互いに優しく謝りあっている。

 

夏生は抱きしめながらやっぱりルイが好きだと思っている。そしてルイは…

 

2人でデートしている夏生とルイ。今日の夜ルイが帰ると言うと、じゃあ貴重な時間だから大事にしないとなと夏生。

 

ルイがちょっと早いけどと言い、手作りのバレンタインチョコを渡す。めっちゃ嬉しいと喜ぶ夏生。

 

ありがとうと言いかけるとルイが突然キスをする。そして、わたしたち別れようと告げた。固まる夏生と少し悲しげなルイ。

 

➔➔次回216話のネタバレと感想

 

ドメスティックな彼女 215話の感想

マスターとの会話がこの結果をもたらしたんですかね。何か大人な感じがしますね。別れることがお互いと考えたんだと思いますが、決断が唐突!。

 

束縛したくない、そういう気持ちから別れを決めたんでしょうか。いや、いきなりすぎて僕がびっくりしましたよ。

 

僕なら泣いちゃいますね。だって昨日あんな好きだって思い直してたのに、昨日の今日でこれはきついですよね。でも昨日ベッドでルイは決めていたのかも知れませんね。

 

何か意味しんでしたからね。ちょっと自分が落ち込んでますが、次回がめっちゃ楽しみです!

 

 

コメント