ジャイアントキリング 501話 ネタバレと感想 「PK!!日本危機!」

モーニング

ジャイアントキリング 501話のネタバレと感想を紹介します。

ジャイアントキリング 501話のネタバレ

両チーム激しいぶつかり合い。中々ボールが奪えない日本。そしてボールはイスマイールの元に。そしてイスマイールはブレ球でミドルシュートを放つ!

 

ゴールに向かってイスマイールのブレ球が飛んでくる。キーパーの星野がどうにか対応してボールを弾く。こぼれ球を越後がクリア。しかし完全に流れが変わった。

 

イスマイールのプレーに驚きを隠せないゴトー。そんなゴトーにリチャードが説明する。

 

UAEをここまで強くしてきたのはマチューの存在が大きかった。アジア全体として最近レベルは上がってきてはいるが、ここまで組織されたチームを作ったのはマチューだった。彼はユースから選手を育ててきたのだ。

 

そしてUAEの強みはシステム変更にとても柔軟なのだ。これはアジアで最高レベルである。さらにファンタジスタのイスマイールが生まれ、国民が熱狂した。これが今のUAEの人気の理由だ。

 

続けて、この試合はスタープレイヤーの差が点差につながるという。

 

試合は、日本に焦りがみえUAEのペースになりつつある。椿はその状況を把握しながらもどうしたらいいか考えていた。一点差が効いている。

 

すると日本ベンチは選手を交替する気配。準備している二人目は攻撃的MFの窪田。これにテレビで試合を見ている人や色々な人が誰と替えるんだと予想している。

 

監督のブランが選手に何やら話している。マチューは交替した窪田を見て、ブランがきれいな崩しをしてくると予想している。

 

その時、日本ゴール前にUAEがボールを上げてきた。ヘディングで対応するが、クリアできずまたもやイスマイールがボールをトラップ。間髪入れず反転してシュート。それが日本DFの手にあたりハンドをとられる。

 

その瞬間イスマイールがニヤっとした。狙っていたのかもしれない。ここでPKをもらい、2点差にして日本を絶望させようとしていた思考がのぞかれる。

 

PKをとられこれ以上ないピンチ!

 

ジャイアントキリング 501話の感想

日本はイスマイールの活躍で一気に流れを持っていかれましたね。確かにスーパースターって存在凄いですよね。現実でもその選手がいるだけで、何かやってくれるんじゃなかと思うことも多いですしね。

 

後は、ブラン監督とマチューの戦いも楽しみになってきましたね。選手交替の時、ブラン監督はどんな指示を窪田に伝えていたのか気になりますね。ぜひマチューの斜め上をいく戦術を見せてほしいです。

 

それとやはり椿。現状打開策を見つけられない感じだけど、どうにかして挽回してほしいです。これからPKがどうなるか分かりませんが、椿の開花も期待しちゃいます^^

 

 

コメント