ジャイアントキリング 508話 ネタバレと感想-花森パス!椿決めろ-

モーニング
スポンサーリンク

ジャイアントキリング最新508話のネタバレと感想をまとめています。2月14日発売のモーニング11号に連載中の漫画です。

 

↓↓前回の507話のネタバレは下で読めます!

ジャイアントキリング 507話 ネタバレと感想-花森、マジかっこいい!-
ジャイアントキリング最新話507話のネタバレと感想をまとめています。2月8日発売のモーニング10号に連載中の漫画です。 ↓↓前回506話のネタバレは下で読めますので、見たい方は確認してね! ジャイアントキリング ...

 

スポンサーリンク

ジャイアントキリング 508話のネタバレ

花森のダイビングヘッドで決まるかと思ったが、UAEのキーパーがナイスセーブ。

 

指先で弾いてゴールにならなかった。しかし花森は日本のチームの声援を聞いて、あの声が聞こえる限り期待に応えようと椿、窪田に言う。

 

そしてコーナーキックのチャンスにキッカーは志村、助走を取り始める…

 

ブラウン監督の言葉

 

ディフェンダーの城島から椿、椿から逆サイへの見事な展開のパスが畑に渡った。そして畑のシュートに最後まで諦めなかったエース花森がダイビングヘッド。

 

ゴールは決められなかったが、いい流れが来ている。ここが勝負だ!決めるんだ!

 

そしてゴール前では日本とUAEがポジションを激しく取り合っている。

 

椿は敵と競り合いながら、日本コールが聞こえる事を思い出し、諦めない!絶対ゴール決めてやる!と思っていた。

 

そしてイスマイールもまた考えている

 

みんな頼む、自分たちも苦しいが日本よりやはり有利だ。耐えてくれれば俺が日本からゴールを奪ってやる!と。

 

コーナーキックから志村のボールが飛んでくる、越後が合わせたが跳ね返される。そのボールを田辺が広いすばやく畑にパス。

 

畑がドリブルしながらゴール前にセンターリング。キーパーが出てきて、こぼれ球は今度はUAEに。そして恐れていたイスマイールにロングパス。

 

何としてもパスを通させないと城島がイスマイールをチェック。そしてオーバーヘッドでパスをクリア!

 

そのボールを拾ったのは窪田だ。窪田は間髪入れず左の志村にパスを出す。志村から花森にボールが渡る。

 

最後はエースが決めることになるんだよ、UAEは花森を警戒したディフェンスを考えている。

 

花森はなんとここでUAEの裏をかき椿へパス!そして椿が迷いなきシュート!!

 

スポンサーリンク

ジャイアントキリング 508話の感想

ブラウン監督の言うとおり、ほしい所ではゴールは出来なかったですね。コーナーキックからゴールできれば良かったんですが…

 

でもイスマイールへのロングパスを止められたのが、良かったですね。あれ城島が止めれてなかったらやれれていた感じでしたからね。

 

城島ナイス!そしておっさん最高!無茶しすぎで引退だったりして^^

 

花森は自称天才エースだけど、連携を周りを活かせる天才ですよね。何か椿達と同様に進化してる気がしました。

 

あそこでパスを出して椿が決めれば、この後あのシュートは俺が導いたとか言ってきそうですねww

 

さて、椿がとうとうゴールをこじ開けるか!という感じですね。椿は前回からシュートを決める事を考えていたので、ここで決めて欲しいです。

 

もうこれ以上のチャンスはないかと!ここで決めないと、花森に生涯ねちっこくいじられると思います!次回が楽しみです^^

 

 

コメント