ゴールデンカムイ 189話 ネタバレと感想-キロランケと鯉登の死闘-

週刊ヤングジャンプ
スポンサーリンク

ゴールデンカムイ最新189話のネタバレと感想をまとめています。2月14日発売のヤングジャンプ11号に連載中の漫画です。

 

ネタバレの前に前回188話のあらすじ!

尾形を追ってきていた杉本が、発見し尾形!と叫んだ。その時弓を尾形に向けていたアシリパが弓を放ってしまう。弓は尾形の目を貫通する。

 

杉本はアシリパを殺人者になんかさせないと、尾形の全力で助けようとする。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ 189話のネタバレ

杉本達がアシリパと尾形に会う少し前

 

鯉登達が倒れている谷垣を発見する。キロランケにやられたと言う谷垣。

 

鯉登と月島は谷垣によって深手を負ったキロランケを追う。吹雪の中、谷垣のライフルを発見する2人。

 

そして鯉登がライフルを手に取る。引き金に何かヒモがぶら下がっているのに気づく月島は、爆弾の罠だった事に気づく。

 

鯉登をかばった瞬間爆破で吹っ飛ぶ2人。

 

その音を聞いている、キロランケと杉本達。

 

鯉登が気がつくと月島は血が出る首を抑え倒れている。怒りで1人でキロランケを追う鯉登。

 

血痕が途中で切れている事に気付き、海に落ちたか?と色々考える鯉登。その鯉登を背後からキロランケが銃で狙う。

 

その時、キロランケの後でアザラシが音を立てた。鯉登が音に気付き振り向くとキロランケと衝突する。

 

鯉登はキロランケの銃を上に跳ね除け、殴り合いをする2人。取っ組み合いの中倒れる2人だが、キロランケがナイフで鯉登を刺す。

 

ナイフを腕で受け止めるも貫通して胸にも刺さっている。

 

それでも怒っている鯉登はキロランケに刺さっていたナイフを抜き、キロランケの首に刺した。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ 189話の感想

今回はアシリパの出番がなくてちょっと残念でした。やっぱアシリパちゃんいないとテンションが上がらない…^^

 

キロランケと谷垣は両方ともやっぱり痛手を負っていたんですね。キロランケがどうして谷垣にトドメをささなかったのが分かりませんね。

 

谷垣を殺しとけば、鯉登達と抗争にならなくても済んだんじゃないかと思いました。でも、とうとう殺られましたね、鯉登に。

 

これでいいかげんキロランケも死んだと思いますが、まだ復活するんですかね。これで生きていたらもう怖いです^^

 

そして月島は無事なんでしょうか。首やられましたからね、どれくらいの傷か分からないですが危ないですよね。

 

結構命に関わるんじゃないかと思いましたが、多分大丈夫でしょう。後は、尾形ですね…

 

尾形は弓が目に刺さってそれを杉本に抜かれてますね。もう考えただけで死亡なんですが、杉本がアシリパを殺人者にさせたくないと頑張ってたから、彼も無事なんでしょう。

 

次回は多分尾形もでてくるのかな?アシリパ達の行動の話しが出てくるといいなって思っています。

 

アシリパの為に、尾形も助かってればいいですね^^

 

 

コメント