ゴールデンカムイ 190話 ネタバレと感想-最後はアシリパのもとで…-

週刊ヤングジャンプ

ゴールデンカムイ最新190話のネタバレと感想をまとめています。2月21日発売のヤングジャンプ12号に連載中の漫画です。

 

↓↓前回189話のネタバレは下で読めます!

ゴールデンカムイ 189話 ネタバレと感想-キロランケと鯉登の死闘-
ゴールデンカムイ最新189話のネタバレと感想をまとめています。2月14日発売のヤングジャンプ11号に連載中の漫画です。 ネタバレの前に前回188話のあらすじ! 尾形を追ってきていた杉本が、発見し尾形!と叫んだ。その時弓を...

 

ゴールデンカムイ 190話のネタバレ

キロランケと鯉登が戦っていた。キロランケが鯉登の上になり、鯉登にナイフを刺していた。

 

しかし鯉登も下からキロランケの首にめがけてナイフを刺した。お互い刺しあっている感じにみえたが、キロランケのナイフは鯉登が腕で止めている。というか腕に刺さっている。

 

そして鯉登のナイフは、キロランケの首に刺さったと思ったが、なんと手でかろうじて止めていた。鯉登のナイフはキロランケの手に刺さている。

 

そしてキロランケは鯉登の腕に刺さっているナイフを更にそのまま押し込んで行く。腕を貫通して胸に刺さっていく…

 

その時、バン!!と銃声が…

 

月島と谷垣がキロランケ肩を撃った!キロランケが倒れ、谷垣と月島がキロランケにトドメをさそうとするが、これは俺がやると2人を止める。

 

そして鯉登がキロランケにナイフでトドメをさそうとすると、手榴弾を鯉登に向けて投げる!

 

しかし鯉登は自分の刀で爆弾を真っ二つに。これを見て谷垣に月島が撃てと言うが、そこにアシリパが待って!撃つな!

 

アシリパがギリギリのとこで現れ、銃殺を阻止する。キロランケに聞きたいことがあるとアシリパ。

 

すでに意識がはっきりしていないキロランケ。彼のそばに行くアシリパ。

 

アシリパを見たキロランケは、逃げるぞ!きっとお前の中に鍵があるんだ…ソフィアとウイルク話をするキロランケ。

 

しかしアシリパは、思い出したよ全部、アチャが教えてくれたことだったよと言う。暗号のことを思い出した事を知ったキロランケは驚く。

 

思い出せたよありがとうとアシリパが言うと、安らぎの顔に変わる。そして今までの旅はむだじゃなかったかなと、今までの事を思い出すキロランケ。

 

そしてキロランケは瀕死の状態で、ソフィアと言いながら、ウイルク達の事を思い出していた。

 

アシリパは、アチャを殺したのはキロランケかと聞くが、キロランケの意識はもう…悲しむアシリパ…

 

ゴールデンカムイ 190話の感想

キロランケと鯉登が凄い戦いでしたね。それにしてもキロランケは仕掛けとか爆弾とかプロですね。鯉登が刀で爆弾を切る所なんかまさに戦場でした。

 

まあ、鯉登の刀技も尋常じゃない気がしますがww とても見ごたえのある回でした。

 

アシリパはキロランケに一番聞きたいことが聞けなかったですね。

 

キロランケの意識が朦朧としていたから、もう助からないと分かっていたと思うんですよね。先にその事聞けば!と思ったんですが、暗号の事も大切ですよね。

 

最後、キロランケの意識がなくなって行くのをアシリパがものすごく悲しそうにしているのが、一番印象的でした。

 

多分キロランケは死ぬと思いますが、尾形は生きているはずです。今後もう尾形は出てこないのかな…話の展開ではもういなくてもいいのか?

 

後はアシリパが暗号を解けたみたいだから、これから大好きな杉本とまた旅が始まるのかな。

 

しばらく修羅場ばかりの話だったので、次回からまたアシリパと杉本の温かい関係が見れたらいいかなと思います^^

 

 

コメント