ゴールデンカムイ 192話 ネタバレと感想-アシリパこの先も一緒だ!-

週刊ヤングジャンプ
スポンサーリンク

ゴールデンカムイ最新192話のネタバレと感想をまとめています。3月7日発売のヤングジャンプ14号に連載中の漫画です。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ 192話のネタバレ

温泉で休んでいる宇佐美達のとこに有古がやってくる。

 

そして宇佐美と二階堂に気になった男の事を話し始める。その男が歩くと下駄の音がするけど、足跡が長靴だったと。

 

それを聞いてどこに怪しさがあるのかと宇佐美が聞くと、有古はその男が着ていた服もまた妙で独特のガラだったと。

 

それを聞いて二階堂が、お前ここでゆっくりしてたから少しぼけたんじゃないかと言う。

 

場面は部屋

 

二階堂達は風呂から上がり部屋で休んでいる。そして二階堂が、有古は何で山奥にまで行ったんだ?と聞くと、そこにアイヌの秘湯があるからそこに行きたかったと。

 

その男はもしかしてアイヌじゃないかと宇佐美が言うと、もしアイヌだったら自分は分かると言う。アイヌの服のガラは分かると。有古もアイヌだからだ。

 

それを聞いていた菊田が、按摩さんに今の話知らないかと尋ねる。しかし分からない、見かけたら知らせると返事する按摩さん。

 

場面はニヴフ集落

 

杉本やアシリパ達はここニヴフ集落にいた。そしてそこの子供たちと話すアシリパ。アシリパは自分達と似てるけどちょっと違う所があると気づく。

 

そして北海道にいたらこの事は知らなかっただろうなと思う。

 

その頃杉本達は小屋で話していた。尾形は目の治療をして横になっている。

 

キロランケと尾形は何で一緒に行動することにしたのか、全く分からないと谷垣。すると鯉登がほんとに金塊が目当てなのかなと。

 

それなら気兼ねなくやれると杉本が言う。

 

そして月島とスヴェトラーナは島を出る事について話している。結局岩息と一緒に大陸を渡る事を許す月島。

 

でも月島は親の気持ちも分かるから、手紙は書けと言う。納得したスヴェトラーナは自分の事を話す。

 

島から逃げることばかり考えていたが、監獄でソフィアに出会って強くなりたい!そしてサンクトペテルブルクで成功したい!と思うようになったと。

 

その後スヴェトラーナと岩息はなぞの冒険をすることになる。

 

杉本達がスヴェトラーナを送り出した時、アシリパにおばあちゃんに元気な姿見せないとなと言う杉本。アシリパは鶴見が許してくれないんじゃないかと思う。

 

そうだな、暗号がとけるまでそうなるかな。アシリパは土方と協力させる為にアチャは自分に金塊を託したんじゃないかと杉本に聞く。

 

杉本は適当にごまかして返事する。アシリパは金塊が見つかれば父が誰に殺されたのか分かると思うと言う。そしてこれから杉本はどうするんだと聞く。

 

杉本は金塊を探すと言う。ならまた自分達は一緒だなとアシリパ。しかし杉本はアシリパを早く解放してやりたいと考えていた。そのためには金塊を見つけなければ!

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ 192話の感想

スヴェトラーナと岩息、謎すぎてこれからも追って欲しいですね!何よ冒険ってww成り上がった姿だけ最後出てきそうですけどね^^

 

そしてこれからも杉本とアシリパは一緒で安心しました。アシリパも離れたくないんじゃないかと思うんですよね。もう好きなんじゃないかと思ってます。

 

このまま金塊を見つけて最後はハッピーエンドってことにはならないか…そんな簡単な物語じゃないですねこれ…。

 

これから杉本達はどうするんでしょうかね。アシリパと二人で行動は出来なさそうなんで、みんなで団体行動ですかね。

 

まあ、鯉登とかと一緒にいれば安心だと思いますが、いまいち機動力不足ですよね。

 

そして今は治療中の尾形、彼が自分の言葉でいつか語る日がくるといいですね。そうすれば謎が少しは分かるかも知れません。キロランケとの事も…

 

次回がどんな展開になるのか楽しみです^^

 

 

コメント