ハイキュー!! 333話 ネタバレと感想-赤葦復活!うぬぼれるな俺!-

週刊少年ジャンプ

ハイキュー!!333話のネタバレと感想をまとめています。2019年1月7日発売のジャンプに掲載されています。

 

ネタバレの前に前回332話のおさらい!

 

木兎が覚醒し、チームが引っ張られる形で波に乗ってきていた。しかし肝心のセッター赤葦だけがうまく噛み合わない。そこで木兎や監督の指示でベンチに下がる赤葦。

 

敵チームは赤葦を降ろしたと喜んでいた。ベンチで木兎に言われたことを考えながら、自分について冷静に考え始めた赤葦。赤葦は1人静かに変わり始めていた。

 

詳しくはハイキュー!! 332話 ネタバレと感想

 

ハイキュー!! 333話のネタバレ

梟谷はセッター赤葦を穴掘に替える。ガッツポーズする敵チーム。穴掘はアピールチャンスと思って意気揚々だ。

 

ベンチに戻った赤葦は突然あー!と叫び監督、マネをびっくりさせる。そんな赤葦に一球入魂ってどういう意味かと問いかける。そのまんまかと返事をする赤葦。

 

もっと理性的な言葉だと監督。1点1点にただ集中することを例えにだして説明する。それを聞いて木兎にベンチに下がる前に言われたことを思い出す赤葦。

 

試合はセッター穴掘がブロック陣の凄い圧力を感じ萎縮してしまっていた。トスを上げるも低くなりスパイクが決まらない。

 

穴掘がブロックされたボールをフォローし、木葉が替わりにトスを上げる。木兎がバックラインから打つ気まんまんで呼んで助走に入る。

 

やだねと笑いながら猿杙にナイストス!それを鮮やかに決める猿杙。そんなチームメイトのプレーを見て赤葦はみんな凄いなと感じる。

 

知らない内に自分がみんなと同じレベルだと思っていた、さらには木兎をコントロールしてると考えていたと気付く。

 

なんとおこがましい!と赤葦がつぶやく。

 

監督、マネがこいつ何いってんの?さあ?こいつもたいがい変なんでとアイコンタクトで会話する。

 

自分なんてちっぽけだ、うぬぼれるなと謙虚に冷静になった赤葦。しかし試合は25対23で狢坂がセットを取る。

 

監督が赤葦にいけるかと聞くと、練習試合だろうと試合だろうとただスターにトスを上げるだけなんで。それならできますとキメ顔の赤葦。

 

スターって何?と聞く監督に知りませんと答えるマネ。これまた素晴らしいアイコンタクトの会話。

 

2セット目はセッター赤葦がコートに入る。赤葦は監督にいわれた一球入魂を思い出していた。重要なのは、自分が出来る事とするべき事。ただ目の前の一球に集中する事。

 

試合が始まり狢坂のサーブ、木葉がレシーブするが少し長い。無理してでも影山のように上げるか考えるが、それが集中できていない事だと悟る。

 

そして無理にトスにはいかず、リバウンド狙いのブロックに当てる。ボールはうまく返ってきた。赤葦「上げやすいやつ頼みます」木葉「はい」意志が通じている。

 

そして木兎にトスを上げると、ドンピシャ!と最高の顔でスパイクを打ち込む。最高なトス!と木兎に言われ、ありがとうございますと、復活の赤葦。

 

次回334話のネタバレはこちらです

ハイキュー!! 334話 ネタバレと感想-世界級!木兎のうぬぼれ-
ハイキュー!!334話のネタバレと感想をまとめています。1月21日発売の少年ジャンプに連載されている現時点で最新話の漫画です。 334話ネタバレの前に前回333話のあらすじ! 赤葦はベンチで自分の出来ることを、た...

 

こちらでネタバレをまとめています

ハイキュー!! ネタバレ一覧
ハイキュー!! 331話 ハイキュー!! 332話 ハイキュー!! 333話 ハイキュー!! 334話 ハイキュー!! 335話 ハイキュー!! 336話 ハイキュー!! 337話 ハイキュー!! ...

 

ハイキュー!! 333話の感想

赤葦は一球入魂の意味を理解できてよかったですね。練習試合だろうが、試合だろうが関係ない。ただ目の前の一球に集中すること。

 

そして自分に出来ること、しなければならない事を愚直にやりきること。他人と比較とかはいらない、ただ自分が出来ることに一球一球集中するだけ。

 

この考えは素晴らしいと思いましたね。まさかこんな話が出来る監督とは思っていなかったので、ちょっと監督見直しちゃいました^^

 

でも監督とマネのアイコンタクトの会話はおもしろかったですねw ああいうシーンこれからもいっぱい見てみたいです。

 

さて復活の赤葦ですが、このままいって勝つほど簡単ではないと思います。次はどんな危機があるのか、話がたのしみです^^

コメント