はじめアルゴリズム 第59話 ネタバレと感想-迷子のはじめは家族愛を知る-

モーニング
スポンサーリンク

はじめアルゴリズム第59話のネタバレと感想をまとめています。

 

ネタバレの前に前回のあらすじ!

 

手嶋は何となく周りの人間たちとうまくやっていたが、アルにはただの知り合いと言う。しかしバンド仲間と口論になりバンドが空中分解となってしまった。アルに相談する手嶋は自分の信念をしっかり持っていないと駄目だと悟る。

 

そしてしっかりとバンドがやりたい!でも言うことは言う!という手嶋のしつこさに負けたバンド仲間は戻ってきて、演奏は大成功。そしてアルの事を友達と言い喜ぶアル。

 

詳しくははじめアルゴリズム 58話 ネタバレと感想

 

スポンサーリンク

はじめアルゴリズム 第59話のネタバレ

電車の中で眠っているはじめは、駅についたので降りる。危なかったー寝過ごしたらうちだに怒られるとこだったと考えている。

 

駅から出てしばらく歩いていると、ここはどこだ?と辺りを見回すと知らない景色が広がっていた。あーこれは降りるとこ間違えたな…これって迷子じゃないかとウキウキするはじめ。

 

そこにメガネを掛けたちょっと怖そうなおばあちゃんが、はじめに声をかける。写真を見せられこの家知らないかと聞かれる。

 

ちょっと見た後自分が迷子だから良くわからないと返事する。心配になりぼーっとしてないで駅ならあっち!と突っ込むと、それ以上言わないでとはじめ。

 

はじめは迷子を楽しんでるのだ。帰り道探すの冒険みたいだから楽しみと言う。

 

意味が分からないおばあちゃんは、愛想つかしてそれなら勝手にしなと去って行く。しかしはじめはおばあちゃんに写真もう一回見せてもらう。

 

写真を見て、建物が見えるのはあれかな?この木はあれだと思うと指で指し、そして電線が…と言ってこっち!と写真の家の方角を指さした。

 

そんなんで大丈夫?と不安なおばあちゃんに、写真の中からちゃんと合ってる理由をしっかりと説明する。

 

はじめも写真のタカシが誰なのか気になり聞くと、勝手に家を出ていったバカ息子だという。そして二人でダムの位置や木と電線の間隔をしっかり見ながら歩いていく。

 

もちろん、位置確認して先を行くのははじめ。

 

目的地らしき場所に到着した2人。

 

そこには3件家があったが写真の家はなかった。もういいよというおばあちゃんだが、はじめはたかしさーんとチャイムを鳴らす。そしてタカシが出てきた。

 

タカシのアパートをあとにして、2人は駅に向かって歩いている。タカシは昔自分のアパートに住んでて、面倒見てやったのに最後は家賃滞納して出ていったんだと話す。

 

文句いわないの?と聞くはじめに無事がわかったからそれでいいと言う。じゃ何で息子って言ったの?と聞くと、呼び方分からなかったと。

 

でも無事ならいいやって思えるのは、それはもう家族と同じじゃないかという。ふ~んと表情のはじめ。

 

おばあちゃんが家族の話しをしているとはじめが、あ!と思い出す。帰らないと、うちだ怒ってる…と慌てるはじめ

 

駅でうちだに抱きしめられた時の事を思い出し、家族ってそういうものかも!と電車に乗り込んだ。

 

その頃手嶋のじいさんは何かの人選をしていた。その中で決まっているのは、はじめと手嶋ナナオだった。

はじめアルゴリズム 第59話の感想

はじめの天然ぶりというか、おおらかというのか、器がでかい?まあどれもはじめに当てはまると思うのですが、いいですね~ああいう性格。

 

自分はあんな自由な行動は出来なかったタイプなんで、本当羨ましいです^^焦ってるけど焦ってないと言う訳が分からない思考ができる人っていますよね。

 

天才だと思うんです、そういう人は。だからはじめもやっぱりその部類なのかなって思いましたね。それに写真から位置を確認できる能力、あれも数学的センスですね。

 

さて次回は手嶋じいさんが何か企んでいたんで、それが判明すると思います。そこでナナオとはじめが一緒になるってことだと思いますね。対決楽しめそうです!

ーー

 

モーニング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほまれをフォローする
スポンサーリンク
漫画ぶるーす

コメント