ハンツー×トラッシュ 188話 ネタバレと感想-速水のハマジへの想いが加速する-

週刊ヤングマガジン

ハンツー×トラッシュ188話のネタバレと感想をまとめています。3月25日発売のヤングマガジン17号に連載中の最新話の漫画です。

 

ハンツー×トラッシュ 188話のネタバレ

期末テストで55点をとれてめっちゃ喜んでいるハマジ。それを速水に見せて、速水が勉強みてくれたおかげだと言っている。

 

速水はそんな事無いよ、ハマジはヤればできるんだよ、このまま続ければもっと…と言いかけるとハマジが速水の言葉を遮る。

 

ハマジは部活の方で頭がいっぱいになっていた。早速部活にいきたくてしょうがないのだ。

 

速水はまた勉強をしようねと言いかけるが、ハマジはその言葉を聞く前に、部活に行ってしまった。悲しそうな速水。

 

部活には引退したはずの中島が来ていた。そしてやっぱ無駄に凄えなと関心するハマジ。

 

ハマジ達が水球しているプールサイドには萩原がいた。萩原は、ハマジが告白してくれた事を思い出していた。あれは本当だったのか?もう一度言ってくれないかな?と。

 

すると顧問が、城正大の練習に参加して監督に見てもらう事になったが、行けるか?と萩原に聞く。がんばりますと萩原。

 

そして萩原は、梅達に練習付き合ってと言って練習を開始する。

 

一方速水は、登校しようと校門に入る。そこに告白してきた男性が待っていた。まだ返事は…と困る速水に、急がないでいいよ。それを言いたかったと言って去る。

 

考える速水。

 

そして校舎で速水がハマジにおはようと声をかけている。ハマジの顔をじっとみてしまう速水。

 

告白の事はあれからどうなった?と聞く速水。まだなんだ、しっかり気持ちは伝えるつもりだけど、ちょっとタイミングがねと困り顔のハマジ。

 

速水は以前自分がハマジに言っていた事を思い出していた。

 

萩原先輩はハマジの事を多分すきだよと言っていた事だ。そしてハマジがタイミングをみてるならそれでいいよ。焦る事はないと言う。

 

自分はハマジを応援するって言ってたのに…と速水を思う。

 

サンキュー、速水にしか相談できないから助かってるとハマジ。そんなハマジを見て、自分に素直になりたいなと思う速水。

 

ハンツー×トラッシュ 188話の感想

速水さんキツイですね。好きな男の相談って…

 

これはどうすればいんですかね。ハマジの気持ちは萩原にあるんで、仮にハマジに告白しても多分駄目でしょうね。

 

それでも次に行くためには、どこかで自分の気持に区切りが必要だと思います。

 

今、普通に告白しても振られるだけですけど、告白して振られるのもいいと思います。好意を持ってくれている男子もいるし。

 

まあ、そっちは置いといて、応援するしないじゃなくて、自分に素直になって欲しいですね。

 

それが一番スッキリしていいかなって。

 

あと萩原が城正大の練習に参加する事になりましたが、もしかしてここで何かハマジと速水の関係に変化があるかもですね。

 

一緒にもうちょっと勉強しようとする速水が、健気でかわいいなって思いましたが、彼女には頑張って欲しいですね。

 

次回が楽しみです^^

 

 

コメント