初恋ゾンビ 153話 ネタバレと感想 「指宿の作戦が悲しい‥」

週刊少年サンデー

初恋ゾンビ153話のネタバレと感想をこれから紹介します。

初恋ゾンビ 153話のネタバレ

目が覚めたタロウ。と思ったら、イブがベッドで寝ているタロウの上で寝ていた。イブも目覚め、ものすごく喜んでいる。

 

ここが病院で3日も寝ていたことをイブから知らされる。親父が気になるタロウ。イブが親父の状況を言おうとしたら、ベッドの横のカーテンが開く。

 

親父だ。横のベッドで同じく寝ていたのだ。親父がリリスから聞いた、イブと親父が開放された話をタロウに説明する。それを聞いてイブの無事が嬉しいタロウ。

 

指宿にタロウが目覚めたことを知らせにいくイブ。

 

親父とタロウがイブがいない中で話をしている。親父は自分がいないほうがいいと思い、アメリカに発つという。

 

そこに家族が見舞いにきた。家族の話から、正月早々親子でどつきあいして運ばれたことになっていた。パパに成人がいう。昨日欲しかった望遠鏡が届いた。アメリカのサンタが日付間違ったらしいから、アメリカ帰ったらサンタさんに嬉しかったってお礼言っといて。

 

病院の屋上で回想するイブ。

 

親父とタロウが意識を失った時の場所での会話。

 

イブと指宿が話している。イブは指宿に考えて欲しかったことがあった。けど、それをしたらダメだとパパの初恋ゾンビの中にいたもうひとりの自分に言われた。

 

自分のこと知ろうとしたりするとタロウと別れないと行けなくなると。だからもう考えない。

 

それを聞いて指宿が、イブのタロウと一緒にいたいという願いを叶える為に提案する。どんな関係になってもいいのかと念を押す。

 

翌日

 

親父がアメリカに行こうと玄関を出ていく時、リリスが好きなのはおまえじゃないかという。一瞬なにか感じたタロウだがそれはないと言い切る。

 

更にいう。リリスはタロウが気を失ってる時、抱きかかえて泣いてたぞ。そんなことしてくれる女性はそんなにいないぞ。タロウの表情から真剣さが伝わる。

 

数日後

 

久しぶりの登校。楽しそうなイブ。するとイブの視線が後ろを指している。つられて後ろを見るタロウ。

 

江火野芽衣だった。

 

タロウをみつめる目に好意を感じる。お互いあいさつする。

 

イブは上から二人を見ながら指宿に言われたことを思い出していた。指宿が提案したのは、タロウに別の恋をさせることだった。

初恋ゾンビ 153話の感想

これどうなるんでしょうかね^^指宿にイブに江火野。まあ、最終的には指宿一択だと思うんだけど、問題はイブが存在してられるかも問題なんですよね。

 

最後はイブは消えてしまうと思うのですが‥その時タロウがどうなるのかも楽しみです。かなり泣かせてくれそうです。

 

指宿のイブに提案した案はどうなんでしょうか。僕は指宿はタロウに好意があるはずなんですけど、江火野に譲ってしまっていいのかなって思いますよね。

 

早く指宿の本心を見せてほしいです。めっちゃきれいな心してそうですよね。これから江火野とタロウがどうなって行くのか楽しみです^^

 

コメント