彼岸島 186話 ネタバレと感想-溺れるゆかぽん!義手を守る!-

週刊ヤングマガジン
スポンサーリンク

彼岸島186話のネタバレと感想をまとめています。

 

前回の話は下で読めますよ^^

 

ここ➔➔彼岸島 185話 ネタバレと感想

 

スポンサーリンク

彼岸島 186話のネタバレ

向かいのビルの屋上から鮫島がロープを明のビルに投げ、そのロープを使って明の義手を渡す作戦を今行っている。

 

邪鬼に見つからないようにしかも速く義手を明の元へ持ってきたい皆。明はロープをたくみにさばきながら止まりそうな義手を手元に引き寄せる。

 

あともう少しで義手が明の所まで降りてきた時、邪鬼に見つかってしまう。急いで引き寄せようとするが邪鬼にロープが切られてしまった。

 

落ちる義手…と思ったらゆかぽんが必死の形相でビルから飛び、義手を掴みながら川に落ちた。

 

泳げないゆかぽんは義手を抱きながら川底で苦しそうだ。そこに明も飛べこんできて川底にいたゆかぽんを救い上げる。

 

ロープに気づいた邪鬼はその元が鮫島であることに気付き、鮫島に向かってビルごと壊してくる。逃げる鮫島は無事なのか…

 

明がゆかぽんを川底から引き上げる。ゆかぽんは明の義手を必死に守ったよとうれしそうな顔をしていた。

 

溺れる覚悟で義手を守ったゆかぽん。明は義手をはめ、ありがとう力みなぎってきたと言う。そしてまた川に飛び込み邪鬼を退治に行った。

 

そして邪鬼から逃げている鮫島は必死だった。追い詰められていたのだが、今度は邪鬼がビルを登ってきたのだ。絶体絶命の鮫島。

 

もう逃げ場がなく、死ぬ覚悟で落ちていたパイプで戦おうとしている。

 

そこで明がやっと邪鬼を見つける。明は邪鬼の後方のビル屋上に立っていた。そして絶対の武器、義手を外した。

彼岸島 186話の感想

ゆかぽんよくやった!と言いたいところですが、ゆかぽん溺れてましたからねww

 

ゆかぽんは明に絶対の信頼を持ってるんでしょうね。明ならどうにかしてくれるって。だからあそこまでして義手を守ったんですね。

 

そして鮫島はやばいことになってしまいましたね。もう飛び移るビルがなくなって逃げれなくなってしまいましたね。パイプじゃ話にならないと思うけど…

 

そこに明が登場ですね。さてこれから明がどう戦っていくのか楽しみです。

 

コメント