彼岸島 192話 ネタバレと感想-勝次は牢屋にいたが、脱走した?-

週刊ヤングマガジン
スポンサーリンク

彼岸島最新192話のネタバレと感想をまとめています。2月18日発売のヤングマガジン12号に連載中の漫画です。

 

↓↓ネタバレの前に前回191話は下で読めます!

彼岸島 191話 ネタバレと感想-見つからない勝次…居場所を知る子供-
彼岸島最新191話のネタバレと感想をまとめています。2月9日発売のヤングマガジン11号に連載中の漫画です。 前回190話のネタバレは下で読めます、確認した人は見てね! ➔彼岸島 190話 ネタバレと感想 ...

 

スポンサーリンク

彼岸島 192話 ネタバレと感想

前回明達が助けた中に、勝次を知っているという少年。その少年が勝次のとこへ案内すると言う。

 

簡単に人を信用しない明は、その少年に勝次の事で知っている事を自分たちに教えろと言う。

 

本当に勝次を知っているのか、知り合いなのかを確認する為だ。

 

少年は話し出す。自分は左吉で、デブの左吉と勝次は呼んでいたと。本当に明は慎重な人なんだなあと、勝次が言っていた事に納得し嬉しい顔をする左吉。

 

そこに助けた山下がカレーを食べてくれと、明たちのもとへやって来た。でかい鍋にはカレーがいっぱい。

 

それを明やゆかぽんが食べる。特にゆかぽんが美味そうに食っている。食べながら明が、勝次と会ったのはどこだと左吉に聞く。

 

牢屋だと答える左吉。左吉が吸血鬼に捕まって牢屋に入れられ、変態に襲われそうになった時勝次が助けてくれたと。

 

そんな勝次に今度は変態が襲おうとするが、牢屋にいる他の人間が、そいつに関わったら大変だぞとその親父を止める。

 

勝次はなんと男のあれを噛みちぎった過去があるのだ。

 

そして牢屋で生活しているある夜、勝次は左吉に脱走の計画を考えている事を話す。その計画は、空き巣の経験者と組む話だった。

 

勝次はどこからか針金を調達していて、空き巣経験者は鍵を開けることのプロだった。

 

そんな脱走計画を聞いて、わくわくする左吉だった。

 

➔➔次回193話 ネタバレと感想

 

↓↓彼岸島ネタバレ記事一覧

彼岸島 ネタバレ一覧
彼岸島のネタバレ一覧です。 彼岸島 184話 彼岸島 185話 彼岸島 186話 彼岸島 187話 彼岸島 188話 彼岸島 189話 彼岸島 190話 彼岸島 191話 彼岸島...

 

スポンサーリンク

彼岸島 192話 ネタバレと感想

明は本当に用心深いんですね。

 

左吉が勝次のとこ案内するって言うんだから、案内してもらえばいいのにと思ってしまうのは自分だけかな^^

 

まあ、そんな所も明の強さの一部なのかも知れませんね。そしてデブの左吉と名付ける勝次はちょっと言葉のセンスがww

 

軽くいじめ入ってますよね、その呼び方。本人が嬉しそうなんでいんですが^^

 

そして余り見ない食事シーン。きましたね!ゆかぽん。めっちゃうまそうに頬張ってます!カレーにまさかの毒が入っていないことを祈ります。

 

そんな事はなさそうですけどね。山下さん普通の人ぽかったですし。また次回もゆかぽんが見れたらいいなと思います。

 

本当にゆかぽんのシーンはワンシーンとかしかないから、今回はゆかぽん見れてちょっと心がほっとしましたww

 

脱走計画を勝次と左吉が話したとこで今回終わりましたが、てことはどこで2人は別れたんでしょうか…

 

左吉はクソ爺に捕らえられていたから、どこかで勝次と左吉が離れ離れになってしまったという事ですよね。

 

その辺を次回からの話で明らかになっていくと思うので、楽しみにしたいと思います^^

 

 

コメント