火ノ丸相撲 221話 ネタバレと感想-劣勢の鬼丸‥覚醒!-

週刊少年ジャンプ

火ノ丸相撲221話のネタバレと感想をまとめています。

火ノ丸相撲 221話のネタバレ

草薙と鬼丸の取り組みが始まった。草薙は燃えている!

 

草薙は元横綱の父との会話を思い出していた。お前の横綱相撲とはなんだと言われると、草薙は真正面から受け止め、圧倒的な力で勝ちそれを見せつけることだと言った。

 

そして絶対の型を持つこと。相手に合わせた相撲はとらず、自分の相撲をとる。それが父の、横綱の相撲‥

 

取り組みは白熱している。草薙が得意の右上手をとろうとすると、鬼丸が一本背負いに持っていこうとする。

 

耐える草薙。すると鬼丸が今度は草薙の足を掴み、足取りにいく。これにもより足に力を入れ踏ん張る草薙。

 

またすごい気迫で鬼丸の右上手をさしにいく草薙。その気迫を感じ、危機を察知した鬼丸は止まらず張りてをくらわす!張りての連続だが、一歩も引かない草薙。強者の姿だ。

 

草薙は張りてを喰らいながらも思う。効かない‥こんなんで横綱になるだと‥

 

瞬間、今度はホタル飛びを仕掛ける鬼丸。草薙は、横綱はどっしり根を張る相撲をとるもんだ、宙まんて飛ぶなと心でいう。

 

左手一本で鬼丸を地面に押し付ける。

 

草薙は覚悟を決めていた。今まで色々いわれてきたが、僕は大和国になる!

 

もう自分と鬼丸では、体格の差が大きすぎて真っ向勝負では話にならない。僕はもう君ではなく刃皇を越え、横綱になるよと心で鬼丸に別れを告げる。

 

その瞬間、真正面から強烈なあたりを受ける!!これは‥と感じる刃皇。そして、何だ!‥とよろける草薙。

 

鬼丸は、お前を越えて横綱になるとすごい気迫だ。その圧倒的な気迫にひるむ草薙。

 

次回222話のネタバレ記事はこちら

火ノ丸相撲 222話 ネタバレと感想-両者!真っ向勝負!!-
火ノ丸相撲222話のネタバレと感想をまとめています。 前回の話は下でまとめています。確認したい人は読んでね。 ここ➔➔火ノ丸相撲 221話 ネタバレと感想 火ノ丸相撲 222話のネタバレ 刃皇が鬼丸の...

 

ネタバレ記事の一覧はここです

火ノ丸相撲 ネタバレ一覧
火ノ丸相撲 222話 火ノ丸相撲 223話 火ノ丸相撲 224話 火ノ丸相撲 225話 火ノ丸相撲 226話 火ノ丸相撲 227話 火ノ丸相撲 228話 火ノ丸相撲 229話 火ノ丸相撲 23...

 

火ノ丸相撲 221話の感想

取り組みの最初の方は草薙優勢でしたね。自分のスタイルを貫くと決めた覚悟が、草薙を強くしていた感じです。張りてを受けながらも引かない姿勢はやはり横綱っぽかったです。

 

そこに色々技を繰り出す鬼丸は、堂々とした横綱っぽくはなかったですね。そういった相撲を特に認めない草薙には、鬼丸を格下に見ているような少し油断を感じました。

 

なんといっても一番は鬼丸のあたりでしたね。めっちゃかっこいいです^^小さな体で草薙をふらつかせるなんて、これこそ横綱!って感じでした。刃皇の目が物語っていましたよね。

 

さて次回決着つくと思いますが、これは鬼丸の方が優勢な気がします。しかも鬼丸いってましたから。もう俺の横綱相撲は始まってるって。

 

これがどういう事なのか、早く知りたいですね^^ 次回分かると思いますが、何か戦略的なことがありそうですね。頑張れ鬼丸!!

 

コメント