火ノ丸相撲 224話 ネタバレと感想-目覚めた鬼丸…百千夜叉墜で勝つ!-

週刊少年ジャンプ
スポンサーリンク

火ノ丸相撲224話のネタバレと感想をまとめています。1月7日発売の少年ジャンプ6、7号に掲載されてる漫画です。

 

ネタバレの前に前回223話のおさらい!

鬼丸は草薙との取り組みで、どうしても得意技の鬼車を出せないでいた。まえに怪我した時の影響で技を出せなくなっていたのだ。それでも俺は俺だ!と覚醒した時、自然と体が動いた。鬼丸が鬼車で投げにいったのだ!

 

詳しくは火ノ丸相撲 223話 ネタバレと感想

 

スポンサーリンク

火ノ丸相撲 224話のネタバレ

草薙との死闘の中で、体が勝手に動き鬼車を繰り出す鬼丸。2人は真剣勝負の最中にお互いを認めライバルとして歓迎していた。

 

鬼丸の鬼車、右手下手投げで草薙を投げにかかる。この技はインターハイ団体決勝での大将戦で勝利した時の技で、草薙をこの技で倒したのだ。

 

それが鬼丸の潮火ノ丸!決まったと観客みんなが思った時、草薙がものすごい形相で踏ん張っていた!当たり前だ、どちらもあの時から強くなってるのだから。

 

インターハイの先を見に行こうと闘志むき出しの草薙と鬼丸。

 

すぐさま今度は鬼嵐を繰り出す鬼丸に、手が読めず苦戦する草薙。鬼丸が鬼車を使えるようになった事で、技の多い鬼丸の動きを読むのが難しくなっている。

 

それは抜け出せない地獄のような状況だった。今度は百鬼薙で倒しにかかる鬼丸だが、さすがの草薙、後手だが力強く踏ん張る。

 

怒涛の攻撃の中で草薙は、ライバル鬼丸の熱い思いを感じながら俺は全盛期の大和国を復活させる!と誓う。

 

さらに連続攻撃!今度は草薙の体勢がくずれたとこで、草薙の足を刈る、龍尾刈りで攻めを止めない。

 

鬼丸の技は自分のライバルや仲間と磨いた技なのだ。

 

持てるもの全てを出し尽くし、誰よりも自由に土俵をを使うのが俺の横綱相撲…鬼丸相撲じゃ!と気迫あふれる鬼丸。

 

そして物凄い回転をしている。体の小さい鬼丸だから出来る百千夜叉墜が決まった!!

 

勝った鬼丸が、倒れている草薙に「大和国になれよ、ワシは大和国を投げたくて相撲はじめたんだから」という。

 

草薙は鬼丸に起こしてもらいながら思っていた。「なれ」といわれたのは初めてかもしれないと。

 

鬼丸の相撲がようやく始まったのだ。残りの本場所に気合をいれる鬼丸であった。

 

次回225話のネタバレ記事はこちら

火ノ丸相撲 225話 ネタバレと感想-なぜ?彰平は横綱を恐れない-
火ノ丸相撲225話のネタバレと感想をまとめています。1月21日発売の週刊ジャンプ8号に連載されている現時点で最新話の漫画です。 225話ネタバレの前に前回224話のあらすじ! 草薙と鬼丸はお互いをライバルと認め合...

 

ネタバレ記事の一覧はここです

火ノ丸相撲 ネタバレ一覧
火ノ丸相撲 222話 火ノ丸相撲 223話 火ノ丸相撲 224話 火ノ丸相撲 225話 火ノ丸相撲 226話 火ノ丸相撲 227話 火ノ丸相撲 228話 火ノ丸相撲 229話 火ノ丸相撲 23...

 

スポンサーリンク

火ノ丸相撲 224話の感想

鬼丸のイップス治ってよかったですね^^詳しくはよく分からないんですが、スポーツ選手でそれにかかってしまって苦労する話しは聞いたことあるので、これで安心ですね。

 

そして鬼丸の相撲の進化がもっと見たいなって思います。小さい力士が勝つってかっこいいじゃないですか!昔でいうウルフ!千代の富士ですね^^

 

小さいのにパワーでも勝つんですよね、だから横綱なのかww

 

あと、鬼丸が横綱になる日はまだ遠い気がしました。先に草薙がなりそうな気がします。そしていつか2人が横綱同士で優勝決定戦やってくれたら面白いかなって感じました。

 

さて次回は本場所7日目ですね。何が起こるか楽しみにしたいと思います。

 

コメント