火ノ丸相撲 228話 ネタバレと感想-冴ノ山、横綱を一気に押し切る!-

週刊少年ジャンプ
スポンサーリンク

火ノ丸相撲最新228話のネタバレと感想をまとめています。2月9日発売の少年ジャンプ11号に連載中の漫画です。

 

228話のネタバレ前に、前回227話は下で読めます!

 

火ノ丸相撲 227話 ネタバレと感想

 

スポンサーリンク

火ノ丸相撲 228話のネタバレ

冴ノ山と刃皇の取り組みが始まった。冴ノ山が一気に刃皇を押している。

 

その勇姿に観客が歓喜し、いけええ!と応援している。

 

冴ノ山が昔を振り返っている

 

中学卒業後柴木山部屋に入門。相撲経験はなかったのだが、野球では活躍していた。

 

その才能に目をつけた柴木山親方が毎週勧誘にくる。そして親方と相撲を見に行った時、横綱の姿を見た冴ノ山は相撲に興味を持つ。

 

それから順調に番付を上げ、19で十両に。そして20で新入幕、この頃周りの期待は大きかった。

 

しかし外国人力士がこの頃全盛で、幕の内上位の壁が厚く怪我等から上に行けなくなっていた。

 

そんな不甲斐ない自分に苛立っていた時、後の兄弟弟子になる鬼丸と出会う。

 

取材されているシーン

 

冴ノ山がこの子はなんなんだって思ったと言う。現役の関取に向かって生意気だと。ただ鬼丸は覚悟が凄かった。

 

鬼丸はすぐに関取になり嬉しかったが、同時に対等になり始めた時脅威も感じた。そして自分と国宝達の違いを考えた。

 

理由は見つからなかったし、鬼関に抜かれるとも思った。その時鬼関が怪我しました。

 

土俵の外を指し、そこは鬼関が休場中ずっと四股踏み続けた後と説明する。腐らず黙々と地面をえぐるほどまで。

 

これが心の強さかと理解しました。そして今までの自分を改め、強い兄になって彼を稽古場で待つ事を目指しました。

 

そして新弟子の頃以上に相手に嫌がられるまで、横綱でも誰でも稽古をつけてもらいました。

 

6日目の夜

 

鬼関に御手杵対策をする冴ノ山

 

アドバイスに感謝する鬼関は、自分も何か役にたてないか?と聞くと、兄をなめるなと笑顔の冴ノ山。

 

場面は取り組みに戻る

 

土俵際に追い詰めた冴ノ山。冴ノ山は自分が欲しいものは横綱だけと気付き、それしか頭にない。

 

一方横綱は相手を見ず集中してなかった。相撲は一瞬が勝負、取り組みが始まった時すでに決着がついていた。

 

踏ん張っていた横綱の足が土俵から出ていた。

 

次回229話のネタバレ記事はこちら

火ノ丸相撲 229話 ネタバレと感想-冴ノ山「同部屋で優勝決定戦!」-
火ノ丸相撲最新229話のネタバレと感想をまとめています。2月18日発売の少年ジャンプ12号に連載中の漫画です。 ↓↓前回228話のネタバレは下で読めますよ! 火ノ丸相撲 229話のネタバレ 冴ノ山が刃皇に勝...

 

ネタバレ記事の一覧はここです

火ノ丸相撲 ネタバレ一覧
火ノ丸相撲 222話 火ノ丸相撲 223話 火ノ丸相撲 224話 火ノ丸相撲 225話 火ノ丸相撲 226話 火ノ丸相撲 227話 火ノ丸相撲 228話 火ノ丸相撲 229話 火ノ丸相撲 23...

 

スポンサーリンク

火ノ丸相撲 228話の感想

きましたね、冴さん!けっこうあっさり勝ったんで、ええ!!って感じですけど。刃皇この後が怖いです^^

 

簡単に押し切られる事はさすがにないだろうと思ってたので、本当にビックリですよね。多分どっかで止めるかなと思ってたので、以外でしたね。

 

ただ前回の時、全然集中してなかったから怪しいなって思ってたんですが、まさかね…

 

面白くなってきましたね、次回が楽しみですね^^

 

 

コメント