火ノ丸相撲 234話 ネタバレと感想-大包平が無の境地?ゾーンに入ったか?-

週刊少年ジャンプ
スポンサーリンク

火ノ丸相撲234話のネタバレと感想をまとめています。3月25日発売の少年ジャンプ17号に連載中の最新話の漫画です。

 

前回233話のネタバレ記事はこちら

火ノ丸相撲 233話 ネタバレと感想-鬼丸の中で再び無道が出現!-
火ノ丸相撲233話のネタバレと感想をまとめています。3月18日発売の少年ジャンプ16号に連載中の漫画です。 ↓↓前回232話のネタバレはこちら 火ノ丸相撲 233話のネタバレ 9月場所十日目 ...

 

スポンサーリンク

火ノ丸相撲 234話のネタバレ

鬼丸と大包平が戦っている。勝って優勝するぞ!と鬼丸は考えていた。そしてヤラなきゃヤラれると修羅の相、無道の姿勢で立ち向かう!

 

大包平は鬼丸を壊しに行くが、それに勝には引いては行けない!ためらったら死あるのみ!と踏み込み続ける鬼丸。

 

危険な間合いで傷ついてもやり合う覚悟だ。土俵では互角に見えるが、鬼丸が押している。そして横綱は、そんな鬼丸の姿勢にそれを待っていたんだと嬉しそうだ。

 

それが君の本性だ、その殺気だと。

 

そして、鬼丸自信もこの戦いを楽しんでいた。でも今の鬼丸は自分を見失ってはいない。誰も悲しませないと彼女の顔を思い出していた。

 

自分の凶暴さをコントロールしてやる!いくぞ!無道、馭!

 

押す鬼丸は不知火型をとる。そして一気に鬼炎、轟進と言って大包平を押す。鬼丸は決死と、やけくその違いを理解している。

 

そんな鬼丸に対し、肘で鬼丸の首を狙う大包平。

 

大包平は自分の苛立ちに気付く。みんな楽しそうに相撲をとるんだ、俺だけ違う。楽しんでる奴らには敵わないんだな…

 

すると大包平は土俵を上からみる第三の自分に気付いた。そして自分の姿を見て、ひでえ顔だ。自分を認めて、お前なりの相撲でいんだと自分に言い聞かす。

 

そしてそこにスペースがあるぞと自分に指示を出す。そして大包平の顔が変わる。無道、神色自若

 

その姿をみて、ニヤっと笑う鬼丸。

 

↓↓ネタバレ記事のまとめはこちら

火ノ丸相撲 ネタバレ一覧
火ノ丸相撲 222話 火ノ丸相撲 223話 火ノ丸相撲 224話 火ノ丸相撲 225話 火ノ丸相撲 226話 火ノ丸相撲 227話 火ノ丸相撲 228話 火ノ丸相撲 229話 火ノ丸相撲 23...

 

スポンサーリンク

火ノ丸相撲 234話の感想

今回で決着は着きませんでしたね。鬼丸が大包平とは違う無道をしている時点で勝ちかなっとおもったんですが、大包平が覚醒してしまいましたね。

 

大包平は自分を見つめる事が出来るようになったのはデカイですね。これは鬼丸ピンチだと思います。

 

普通に戦っても強い大包平が、上から自分の姿を見れる冷静さを持ったのはやばいですね。いわゆるゾーンていう奴じゃないですか?

 

これは鬼丸は気を引き締めないとヤラれそうですね。めっちゃ大包平落ち着いてますからね。何か無になってる感じです。

 

それに対し、鬼丸が最後ニヤっと笑ってるんですよね。あれはまた強いやつと戦えて嬉しいというやつかな?って思います。

 

そんな余裕あるのか?と思いますが、鬼丸ならやってくれると信じてます!楽しみですね^^

 

 

コメント