ヒットマン 25話 ネタバレと感想 「捨てられた天谷!!」

週刊少年マガジン
スポンサーリンク

ヒットマン25話のネタバレと感想をまとめています。

その前に、前回のあらすじ。

夏目に女性作家との接し方を教わった龍之介。それでもあまりうまくいかなく翼と奈佳と一緒に焼肉屋へ。そこで酒に酔った翼と奈佳がもう無茶苦茶。そして夏目は、作家の引き抜きの重要人物だった。

 

詳しくは➔➔ヒットマン 24話 ネタバレと感想

 

スポンサーリンク

ヒットマン 25話のネタバレ

高級時計店にきている龍之介。凄い時計を見て感動している。

 

実は天谷栞の付き添いできていたのだ。天谷が夏目の誕生日プレゼント探しの為に、呼び出されていた龍之介。

 

どうしてプレゼントするのか聞くと、夏目はいつも時計一緒だし私の担当になってくれて5年だから。なんとなく記念的であげようかな‥と。

 

連載5年ですか、長いですね。と龍之介。そうでもない、長い人は10年以上連載やってるから。それにもう打ち止めにしようかなと天谷。

 

でも彼には世話になったと思っている。

 

当時の私は全然売れなくて、打ち切り寸前だった。それを夏目が引き継ぎ、彼との協同作業が始まった。

 

好きなようにやっていたら、彼からダメ出しばかりされて大変だった。それが悔しくて必至に夏目におもしろいと言わせようとやっていた。

 

そしたらどんどん売れていくから、それからは楽しかった。だから私の半分は夏目さんでできてるのという天谷。

 

龍之介は天谷の話を聞き、自分も翼と奈佳にそういう風に思ってもらえるように頑張らないと。そう思った。

 

場面は連載会議

 

一同集まっている。

 

北条がマガジン編集長就任のあいさつをしている。そして連載会議が始まった。

 

突然、連続大型連載を3本用意しているという北条。和泉潤汰郎、鞍馬丸才、冬月健人だ。

 

浅間が引き抜いてきたことを知り、一同ざわつく。

 

誰がそれぞれのチーフ担当者になるか?みんなが気になっている。

 

夏目が3人のチーフ担当者だと北条。今回の引き抜きは夏目が3人のチーフ担当になるのが、作家からの条件だったのだ。

 

理由は、夏目が3人の作家の連載を以前担当し、打ち切り寸前だったのを見事軌道にのせてよくしてくれたからだ。

 

場面は天谷と夏目、龍之介。打ち合わせの席

 

夏目が3人のチーフ担当となった話しをしていると、さすがねと天谷。

 

なら、3人に負けないように私も頑張らないと、と天谷。手に持っていた時計のプレゼントを渡そうと‥

 

突然夏目が、今日で天谷の担当は外してもらったという。担当は龍之介だから二人で頑張ってと伝える。天谷、龍之介が固まる。

 

理由は4人の担当は無理。やっても打ち合わせの質が落ちてしまってはもともこうもない。といってその場を去る夏目。

 

後ろから龍ノ介が夏目を呼び止める。もう連載終わる漫画家なんか知らないってことかと問い詰める。

 

そうだと冷静なクールな目をして答える夏目。沈む天谷‥

ヒットマン 25話の感想

天谷さんちょっとショック大きそうですよね。せっかくプレゼント買ってたのに、渡せないで終わってしまうんでしょうか。何気に好意があった気がするんですよね。

 

クールに担当を外れたという夏目は、何かありそうですよね。もう天谷なら夏目を頼らなくても自分でやっていけると考えた気がしますね。優秀だからその位分かるんだと思います。

 

なので、独り立ちしろという感じが気がします。それと龍之介がついてるから安心してるということもありそうです。夏目の優しさかも知れません。そう願っているだけですがww

 

とにかく今後の展開が楽しみです。特に夏目の真意が早く知りたいですね。あとは龍之介が天谷をフォローすると思うので、ここでも好意を持たれてしまうという展開もありうるかと。

 

コメント