壁ドン! 3話 ネタバレと感想-入部テスト「絶望的な壁を登れ」-

週刊スピリッツ
スポンサーリンク

壁ドン!3話のネタバレと感想をまとめています。1月7日発売週刊スピリッツ№6に掲載されている漫画です。

 

3話ネタバレの前に前回2話のあらすじ!

 

大仏に登って和尚に怒られている登姫を見た会心は、学校の帰り道1人大仏の前に立ちのぼるイメトレをする。するとキモいからどいてとやけに大人びた登姫らしき人物がそこにたっていた。

 

翌日、ボルダリング部の入部希望者の集まりの中にいる会。そこに自分がコーチといって現れたのは、昨日の大人びた登姫らしき人物だった。

 

そしてこのスポーツクライミング部はオリンピック選手を出すことを目標に、理事の肝いりの部活動だった。そしてそこのコーチと呼ばれた環奈はかなりの実力だった。

 

スポンサーリンク

壁ドン! 3話のネタバレ

スポーツクライミング部の入部希望者が大勢集まっていた。そこに自分がコーチだと、よろしくゴミ虫どもと挨拶する夏目環奈。

 

口の悪さ炸裂のあいさつだったが、そこにお姉ちゃん!と声をかける登姫。そこで、一人あることに気付く会。

 

昨日大仏の前で虫を見るような目で見られた登姫らしき人物は、登姫じゃなくて姉の環奈だったのだ。

 

環奈が入部希望者にニコっと笑顔で挨拶を始める。クライミングのこと、特にボルダリングの日本選手のレベルのことなど色々話している。

 

明るく優しい感じで話している環奈が、みんな登るのは好きかー!ボルダリングで青春を謳歌したいかー!と言うと、入部希望者はみんな大盛り上がり。

 

周りにつられて引きつった顔で皆のテンションに合わせる会。

 

すると「はい、そういう人は帰ってよーし」

 

と、あの虫を見る目で冷酷な顔でいう環奈。

 

ひええええええ!!と引きまくりの入部希望者たち。会も、昨日見た目を思い出しぞっとしている…

 

オリンピックを本気で目指す者しか求めていないから、楽しくやりたい人は町のジムにでもどうぞと環奈。

 

そして環奈が指を鳴らすと上からシートが落ちてきて、そこに角度が急なボルダリングの壁が出現する。びっくりする希望者たち。この壁を登れた者は入部テストに合格ということだ。

 

ハンパもんはいらないと言われ、真剣さが嫌だし、無理だからと帰る生徒が結構いる。会の友人も会を帰ろうと誘うが、テストを受けるという会。

 

テストは不合格でもいい、ただもう自分から逃げることはやめたい。先の事は分からないけど、今は目の前の壁に挑戦したいと、男前な顔でいう。

 

よくいったダイノ!と登姫が声をかける。かわいい登姫が手を振ってくれることに羨ましがられる会。

 

そしてテストが始まり、6人終わった段階で合格者なし。しかも誰一人半分も登れていない。そして登姫の番。

 

登姫はそんな壁を止まることなく軽やかに登っていく。会はそんな登姫を見て、登姫のまわりだけ無重力だと思っていた。

 

そして軽くてっぺんのゴールまでたどり着いた登姫。そんな姿を見て、俄然やる気に満ち溢れている会。

スポンサーリンク

壁ドン! 3話の感想

環奈さんのあの虫を見る目、いいですよねww 僕はああいうクールな目好きなんですよね^^まあ、環奈の目はクールと言うか潰すぞ!というような目なんですけどね。

 

テストが始まりましたが、6人目まで全滅。しかも誰も惜しくないというね、実力者しか残さない考えみたいですね環奈コーチ。

 

もちろん登姫は別格で合格してましたけど、そんな現状をみてやる気をだしている会がいいですよね。ちょっとかっこいいです!

 

さて次回は会もテストを受けると思いますが、会がどう登るのか楽しみですね。僕は登れないんじゃないかなって思うんですけど、環奈が気にいる事もありうると思ってます。

 

そして環奈さんの実力もいつか見たいですね^^

 

コメント