壁ドン! 5話 ネタバレと感想-欄外の会心…俺、五輪を目指す!-

週刊スピリッツ
スポンサーリンク

壁ドン!5話のネタバレと感想をまとめています。1月21日発売の週刊スピリッツ8号に連載されている現時点で最新話の漫画です。

 

5話ネタバレの前に前回4話のあらすじ!

 

会心の前までにテストに合格したのは登姫と猿橋だけだった。猿橋にオブザベなんて男がやることじゃねえと言われ戸惑っていると、登姫はオブザベは必要だから会心は自分なりでいいよとアドバイス。

 

登姫に言われ安心した会心はゆっくり考えながらあることに気付く。登姫の登り方にヒントを得た会心は順調に登っていく。そしてあと一歩の所で、自分は変わるんだと飛びつく。

 

詳しくは壁ドン! 4話 ネタバレと感想

 

スポンサーリンク

壁ドン! 5話のネタバレ

見事ゴールに手が届いた会心。やったと飛び降りるが、登姫があっ!と言っている。これでテスト終わりと言って環奈コーチがやってくる。

 

そしてあの冷酷な目で、不合格と会心に伝える。どうしてか?と聞く会心に両手で掴んでないだろと説明するが、会心はそんなの知らねえと言う。

 

猿橋がたったの2回目でこれを登れるなんてと会心に才能を感じている。そして登姫がお姉ちゃんとかわいくおねだりすると、コーチは仕方ないなという感じで会心をおまけで合格にする。

 

新入部員はこの3人に決まった。というか部員自体この3人しかいない。

 

ボルダリングの練習をしている会心だが、うまく登れないようす。そして猿橋が練習するからどけと登り始める。

 

やはりうまい猿橋。自慢するが横で登姫がもっと難しいコースをクリアしていく。そんな2人を見て改めてレベルの高さを認識する会心。

 

コーチがやってきて現状を説明する。ピラミッドが書かれていて、一番上はオリンピック強化選手。2番めは日本代表でここに登姫。

 

3番めは上級者で猿橋の名前が。そして一番したは初心者。会心の名前がないので、自分はどこ?と質問する会心。おまえはここと欄外に点が打たれる。

 

オリンピック目指すのはさると登姫だけ、会心はそのレベルじゃないと言われる。にっこりしながら、欄外がそれなりになるにはどうしたらいいか聞く会心。

 

猿とコーチが真剣な顔になる。登姫がそれならまず道具を揃えよう!と提案。

 

猿と登姫、会心で猿がよく行く練習場に行く。そこには小さい子もやっていて驚く会心に、ボルダリングは早熟だから、お前は遅すぎ!と突っ込む猿。

 

そこに店員がおすすめのシューズを持ってくるが、会心はお金が足りない。それを見ていた猿が貸してあげて会心はシューズを買う。

 

ディスってるのに優しいねと登姫に言われる猿。シューズはいいもの買わないとなと猿。するとどこからかセミの鳴き声が聞こえる。

 

4月なのに!と驚いてる猿。そんなセミを見て会心は、勘違いでも地上に出られるんだ。おれも勘違いして五輪目指そうかなと澄んだ目でまっすぐ見ている。

 

いいんじゃないとニッコリの登姫、男が一度口にしたら責任持てよと猿。何となくいいチームワークを感じる。

 

スポンサーリンク

壁ドン! 5話の感想

環奈コーチ厳しいですよね。初心者の下の欄外ってもう泣きたくなりますよね。初心者でいいじゃないかと思っちゃいました。

 

でも会心全然へこたれないですよね。こんな根性あるんだったら、今まででも十分空気以上になれてたと思うんですけどね。

 

さて猿がお金貸してくれたおかげでシューズが買えました。これから本格的に練習に入っていくと思いますが、会心の成長が楽しみです。

 

コメント