かぐや様は告らせたい 122話 ネタバレと感想-泣くかぐや‥告白へ-

週刊ヤングジャンプ
スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい122話のネタバレと感想をまとめています。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい 122話のネタバレ

かぐやは会長の白銀から、飛び級でスタンフォード大学に行くことを知らされた。理解ある話し方で祝福するかぐや。

 

祝福したいけど文化祭の準備があるからそれはまた今度と、その場を去るかぐや。かぐやは客の注文を聞いている早坂を呼び出す。皆がざわつく。

 

理解ある感じで白銀の留学の話を早坂にするかぐや。それでいんですか?スタンフォードなら綺麗な才女がたくさんいて白銀がとられるかもという早坂。

 

考えないようにしてるんだから言わないでとかぐや。素直なんでおかしいと思ったからと早坂。これから学生生活の間白銀と楽しく過ごすのかと思っていたと言う。

 

悲しむかぐやを見て、やはりそういう夢を見ていたのかと早坂。それなら今からそんな夢のような会長との生活をすればと提案した。

 

その為には‥と早坂がいいかけると、会長に今日好きっていえばいんでしょ!とかぐや。やっとここまできてくれた、長かったと泣く早坂。

 

告白の仕方が分からないかぐやに早坂がレクチャーする。

 

まずキャンプファイヤーを使ってかぐやを魅力的に見せ、その後文化祭の成功を二人で祝う。激エモという早坂。そして告白しろと。かぐやに練習させると‥

 

ツンデレっぽく言ってしまうかぐやは時代遅れなツンデレ女かと言われてしまう。その後もダメ出しをくらうかぐやに、5W1Hが告白にないから駄目なんだと教える早坂。

 

一生懸命5W1Hを入れて告白したかぐやにエモさがゼロ!と一蹴する早坂。さらに頑張るかぐやは、好きです、私と付き合って下さいという。

 

すると、面白みはないですねと早坂。無いとだめなのかとかぐや。エモさも欠けるといわれる。

 

エモさが理解できないかぐや。

 

告白するという事は、愛情を表現すること。だから大事なことだと言う早坂。そして会長のどこが好きなのか素直に言ってみたらとアドバイスする。

 

かぐやは今までの会長の視線や優しさ、地味な一面、前向きなところが好き。だから海外にいかないでとかいえないでしょ?と泣いていた。

 

かぐやを抱きしめ、告白を成功させようという早坂

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい 122話の感想

ちょっと今回いい話だったけど、笑いが止まらなかったですね。エモさって何でしょうかねww

 

告白の練習でさんざんダメ出しされて、面白さがないとかエモさが足りないとかもう訳わからないですよね。僕ならキレちゃいますね^^

 

でも最後気になるとこがちょっとありました。早坂が真剣に告白するかぐやの言葉を聞いている時に、ちょっと表情が曇っていたんですよね。

 

あの顔が何か意味あるのか‥それが気になってしまいました。とりあえず次回告白するとこまでいくか分からないですが楽しみですね^^

 

コメント