鬼滅の刃 146話 ネタバレと感想-珠世ピンチ!炭治郎VS猗窩座-

週刊少年ジャンプ
スポンサーリンク

鬼滅の刃最新146話のネタバレと感想をまとめています。2月18日発売の少年ジャンプ12号に連載されている漫画です。

 

前回145話のネタバレは下で読めます!

鬼滅の刃 145話 ネタバレと感想-獪岳、善逸、共に死す…?-
鬼滅の刃最新145話のネタバレと感想をまとめています。2月9日発売の少年ジャンプ11号に連載されている漫画です。 鬼滅の刃 145話のネタバレ 圧倒的な強者に跪くことは恥じゃない、死ぬまでは負けじゃない。獪岳は剣を持つ目が多くあ...

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃 146話のネタバレ

善逸と獪岳が共に落ちていく。善逸は体中がひび割れ瀕死状態、獪岳は首を落とされていてこちらの死はほぼ確定。

 

落ちていく中で獪岳は、善逸が自分よりも劣っていたのに、何で7つめの型を編み出したのか悔しくてしょうがない様子。

 

そんな事耐えられない!と悔しそうな獪岳に、愈史郎が登場。そして人に与えない者は人から何も貰えない。そんな奴は自分では何も編み出せないと言う。

 

惨めだなと獪岳に言うと、善逸だけを抱えて助ける愈史郎。

 

その頃善逸は夢の中で、爺ちゃんと会っていた。川を隔てて立つ2人。

 

じいちゃんに謝る善逸。獪岳と仲良く出来なかった、努力したけど…獪岳をあんな風にしてごめん!恩返しできなくてごめん!柱になれなかったごめん!

 

そう謝ってばかりの善逸に、爺ちゃんは泣いている。そしてお前は誇りだと言う。

 

そんな夢を見ている善逸は、その頃愈史郎によって血鬼止を使いながら助けられている。

 

しかし愈史郎は、瀕死の状態の善逸にこれ以上ひび割れが進むと、目が裂けるぞと容赦ないことを善逸に言う。

 

愈史郎は珠世が作った唯一の鬼で、隊員の救護、援護を命じられた存在だ。

 

その頃炭治郎と富岡は猗窩座と遭遇する。炭治郎と猗窩座は以前にも戦っていて、お互い憎い相手だ。

 

一方珠世は鬼舞辻の肉の塊に吸収されそうになっている。このままだと私も吸収されてしまう…誰か早く来て!と珠世。

 

次回147話のネタバレ記事はこちら

鬼滅の刃 147話 ネタバレと感想-猗窩座が術式展開!本気モード!-
鬼滅の刃最新147話のネタバレと感想をまとめています。2月25日発売の少年ジャンプ13号に連載中の漫画です。 前回146話のネタバレは下で読めます。 鬼滅の刃 147話のネタバレ 場面は産屋敷 ...

 

ネタバレ記事をまとめました

鬼滅の刃 ネタバレ一覧
鬼滅の刃 145話 鬼滅の刃 146話 鬼滅の刃 147話 鬼滅の刃 148話 鬼滅の刃 149話 鬼滅の刃 150話

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃 146話の感想

獪岳はアレで多分死んだと思います。問題は善逸ですね…彼は暫らく動けないんじゃないかと思いました。

 

愈史郎が色々助けようとしていますが、状況はよくない感じですね。ですから戦力には当分ならないと。

 

そして炭治郎と富岡が猗窩座に今度は戦う事になりそうですね。これは結構ピンチな気がします。

 

富岡は殺られてしまうんじゃないかと思いますね。炭治郎をかばって…なんて思ったんですが、その逆もあるかも知れないですね。

 

炭治郎はまあ大丈夫だと思うんですが、猗窩座の強さが怖いですね。ここで負けるとヤバイので、なんとかして引き分けには持っていってほしいかなと…

 

後は珠世さんでしょ!めっちゃピンチじゃないですか!

 

もう早く助けに来て!って言ってる段階で、これフラグじゃないかと思っちゃいました。本当、誰か助けに行ってあげてほしい!

 

次回炭治郎ペアの戦いと、珠世のその後ですね。もう一息入れられないほど緊迫してます自分www

 

珠世が助かる事を祈ることにします!楽しくなってきましたね^^

 

 

コメント