鬼滅の刃 149話 ネタバレと感想-義勇復活!冷静な義勇がキレてる!-

週刊少年ジャンプ

鬼滅の刃最新149話のネタバレと感想をまとめています。3月11日発売の少年ジャンプ15号に連載中の漫画です。

 

前回148話のネタバレはこちら

鬼滅の刃 148話 ネタバレと感想-余裕の猗窩座に炭治郎キレる!-
鬼滅の刃最新148話のネタバレと感想をまとめています。3月4日発売の少年ジャンプ14号に連載中の漫画です。 ↓↓前回147話のネタバレは下で読めます。 鬼滅の刃 148話のネタバレ 猗窩座と義勇が戦っている...

 

鬼滅の刃 149話のネタバレ

猗窩座は前回炭治郎に言われた事で何か考えている。そして気付く。俺はこいつが生理的に嫌いなんだと。

 

初めは炭治郎が弱いから不快だと感じていたが、強くなったこいつも不快感がある。炭治郎の目、声すべてが気に入らないのだ。

 

猗窩座の背後から諭すものがいる。誰でも最初は赤子だ。周りから助けられて色々覚えていく。そして戦うのは自分とだ。昨日より今日と成長していけばいい。

 

そしていつかお前が人を助けるんだ。と猗窩座の肩に手を乗せる男。

 

すると猗窩座はその手を振りほどく。しかしそこには誰にもいない…炭治郎は何やってるんだと不思議に思っている。

 

そして、お前は不快だ!と猗窩座が攻撃してくる。猗窩座の攻撃はとても速くかろうじてかわす炭治郎。しかし連続して攻撃する猗窩座。

 

下から破壊殺脚式、飛遊星千輪と足技で炭治郎を下から突き上げる。炭治郎はギリギリでかわしているが、威力が押され負傷してしまう。

 

猗窩座の攻撃の鋭さを観察する炭治郎。正確で確実に隙きをついてくる。何に反応して吸い寄せられてるんだ!この攻撃は!

 

考えるんだ、猗窩座の今までの言動を…

 

攻撃をやめない猗窩座に、飛輪陽炎でかわし逃げる炭治郎。

 

しかしその炭治郎の刀の先端は猗窩座の喉を切っていた。面白い!今刀身が伸びたようだ!とそれでも攻撃をやめない猗窩座。

 

その頃、煉獄の弟の千寿郎は祈っていた。炭治郎に手紙は渡っただろうか。千寿郎は日の呼吸の剣士が無惨と戦った時の話を手紙にしていたのだ。

 

それは炭治郎の役にたつと思っていた。

 

しかし千寿郎の手紙は炭治郎に渡っていなかった。手紙を足につけたカラスは炭治郎のすばにいるが、既に猗窩座と戦っていて渡せなかったのだ。

 

そして炭治郎の攻撃、円舞が猗窩座の手によって止められてしまう。真剣白刃取りの形だ。

 

しまった!刀が折られる!と頭突きや顔に蹴りを入れるも、刀を離さない猗窩座。すると、猗窩座の腕ごと切り落とされる。

 

義勇だ!俺を遠くまで飛ばしやがって…猛烈に背中が痛い!とキレている。

 

➔➔鬼滅の刃 150話へつづく

 

ネタバレ記事のまとめはこちら

鬼滅の刃 ネタバレ一覧
鬼滅の刃 145話 鬼滅の刃 146話 鬼滅の刃 147話 鬼滅の刃 148話 鬼滅の刃 149話 鬼滅の刃 150話

 

鬼滅の刃 149話の感想

猗窩座と頑張って戦ってますね炭治郎。押されてはいますが、そこそこいい勝負なのかと思ってます。猗窩座まだ本気じゃないのかな?

 

それとも炭治郎の強さが半端ない事になってるか。どちらにしてもギリギリ生きてるって感じに変わりはないですね。

 

このまま行けばいつか猗窩座にやれれそうな感じでしたね。しかしここにやっと義勇登場!めっちゃあかっこいい!

 

キレ方もいかしますね^^遠くまで飛ばしやがって…とかめっちゃクール!!さてこれから二人でまた戦うので少し戦況が変わりそうですね。

 

そして義勇が来てくれたおかげで、千寿郎が託した手紙を読めるチャンスです。

 

カラスも渡したいのに渡せないって感じで、焦ってたのには笑いました。カラスにちゃんと焦点あててる感じが珍しくギャグっぽくて^^

 

多分この時に手紙を読むと思いますが、どんなヒントがかいてあるのか?それを見て炭治郎と義勇で猗窩座を仕留めるのかな。

 

これは手紙の内容はやく知りたいですね。そして義勇の本気がみたいです!炭治郎の強さは大体分かったので、義勇の強さに興味がありますね^^

 

これから義勇、炭治郎ペアで戦うので、猗窩座も苦戦すると思います。初めの頃とは義勇のキレ方が違いますからね^^

 

さて、次回ですがこのまま猗窩座との戦いでいくんですかね?そろそろ他のシーンも出てきそうな気もします。

 

あの珠世さんのはどうなってんでしょうか?早く助けてって言ってた気がするんですよね。まだ助けてないと思うので、その話も見たいですね。

 

とりあえず手紙の内容が次回明らかになると思うので、そこからの戦いを楽しみにしたいと思います^^

 

 

コメント