鬼滅の刃 150話 ネタバレと感想-炭治郎気づく!猗窩座を倒す方法-

週刊少年ジャンプ
スポンサーリンク

鬼滅の刃最新150話のネタバレと感想をまとめています。3月18日発売の少年ジャンプ16号に連載中の漫画です。

 

↓↓前回149話のネタバレはこちら

鬼滅の刃 149話 ネタバレと感想-義勇復活!冷静な義勇がキレてる!-
鬼滅の刃最新149話のネタバレと感想をまとめています。3月11日発売の少年ジャンプ15号に連載中の漫画です。 前回148話のネタバレはこちら 鬼滅の刃 149話のネタバレ 猗窩座は前回炭治郎に言われた事で何...

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃 150話のネタバレ

猗窩座と対峙する義勇は思っていた。自分は出来るだけ刀は抜きたくない、しかし猗窩座と出会い、この短時間で自分の感覚が鋭くなっている。

 

今まで使っていなかった自分の力が開花されている。ギリギリの命の取り合いが力を向上させるのかと。

 

そして義勇は顔にアザが現れスピードが上がった。猗窩座に襲いかかるも、猗窩座はすぐにそのスピードに反応する。

 

炭治郎が思う。このまま長期戦は自分達人間が不利だ。そもそも目的は無惨を倒すこと。ここでいつまでも時間を使っていられない。

 

急がないとみんなが死んでしまう!考えるんだ!何で猗窩座は磁石のように正確に攻撃できる?背後の攻撃もかわせる?

 

猗窩座は以前煉獄と戦っている時に、闘気と言っていた。闘気がヒントか?

 

炭治郎は小さい時の事を思い出す。

 

伊之助は背後の攻撃をかわせるのは、自分の皮が強いからと言っていた。特に殺気が強いほど分かる。

 

しかし、殺気がないと気付くのが難しい。逆に言うと、殺気を出さなければ、誰でも殺せる。

 

こんな伊之助の会話を思いでした炭治郎は、これは核心ついてる気がしていた。猗窩座の闘気とはなんなんだ?殺意とは違うのか?考える炭治郎。

 

その間も義勇は猗窩座と戦っている。

 

猗窩座の戦いの羅針盤はどうやって狂わせるんだ!と炭治郎は猗窩座を攻撃する。しかし刀をまたもや握られる。

 

腹を少し切られたが、かろうじて猗窩座から逃げる炭治郎。炭治郎はその時ある事に気づいた!

 

↓↓鬼滅の刃ネタバレ一覧

鬼滅の刃 ネタバレ一覧
鬼滅の刃 145話 鬼滅の刃 146話 鬼滅の刃 147話 鬼滅の刃 148話 鬼滅の刃 149話 鬼滅の刃 150話

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃 150話の感想

義勇も今レベルアップしてますが、こんなレベルじゃ猗窩座には勝てないんですね。

 

正直もっと義勇が強いかなと思ってたんですが、思いのほか苦戦してますね。まあ猗窩座が強すぎってことですね。

 

そして炭治郎も考えてたけど、猗窩座が最終目標じゃないんですよね。あくまでも無惨を倒すのが目標なんですよね。

 

ここで足止め食ってられないと焦る炭治郎ですが、中々いい手が思いつかないですね。

 

ただ考えることを辞めないというのが炭治郎の強さなのかなって思いました。

 

そして前回カラスの伝言の話があったのですが、あの伝書鳩の件はどうなってんでしょうか。あれヒントになりそうな感じでしたが…

 

そして最後に炭治郎が勝つ方法を気づいた感じでしたよね。次回はその辺が分かると思うので楽しみです^^

 

 

コメント