寄宿学校のジュリエット 96話 ネタバレと感想-混合…大人は認めない?-

週刊少年マガジン

寄宿学校のジュリエット最新96話のネタバレと感想をまとめています。3月13日発売の少年マガジン15号に連載中の漫画です。

 

前回95話のネタバレ記事はこちら

寄宿学校のジュリエット 95話 ネタバレと感想-二年、絆に気付き反撃か!-
寄宿学校のジュリエット最新95話のネタバレと感想をまとめています。3月6日の少年マガジン14号に連載中の漫画です。 ↓↓前回94話のネタバレは下で読めます! ↓↓ここでネタバレをまとめています! ...

 

寄宿学校のジュリエット 96話のネタバレ

ダリア・ウォールゲームは大詰めをむかえていた。現在3年のケットがボールを待ち、独走している。彼を止めなかればもう負けだ。

 

そんなケットを追いながらロミオと玲音がこれからどうする?と相談している。ロミオが玲音の意見に賛成し、後は任せると言う。

 

指揮を自分がとれるわけないと言う玲音。自分にみんなはついてきてくれないからと。それはお前が皆を認めてないからだとロミオ。

 

そしてロミオはみんなに玲音の指揮に従ってくれ!と言ってどこかに行ってしまう。そして玲音は立ち止まって、ペルシアに今までごめんと謝る。

 

そんなんで許されるわけねえだろ!と周りが言う。ペルシアはあの時は怖かった、けど玲音もハーフって事で今まで戦ってきたでしょ?だから力を合わせよう!と手を差し出す。

 

聖母ですか?と玲音。叶わないな…

 

一方ケットとアイルはゴールに向かって走っている。誰も追ってこないのに油断するなよとアイルが言ってくるから、この真面目か!とケット。

 

するとケットの前方のマンホールから突如ロミオが出てくる。そしてケットからボールを奪った。

 

ロミオは地下の下水道を走って先回りしていたのだ。そして思いっきり遠投してボールはバラ園を超える。

 

そのボールを待ち構える二年。そこにレックス達が走り込んでくる。チームワークで止める二年。

 

問題はサイベルをどうやって自分が止めるかだ…と考える玲音。

 

サイベルの普段の言動行動を思い出し弱点を探す玲音。そして、先輩、クマパン!と指差す玲音。

 

え!っとびっくりして自分のパンツが見えてるか確認するサイベル。玲音は意味は分からないけど、以前ロミオがクマパンと言った時に反応するサイベルを知っていたのだ。

 

スパッツだったのに、ハメられた!と照れながら悔しがるサイベル。これで足止めは成功だ。

 

ボールはスコットが持ってゴールに向かってる。本館を抜けて二年のゴールが見えてきた。そこにアイルがそんな簡単にゴールさせるか!と猛追。

 

必死に逃げるスコットは、考えていた。ロミオは嫌いだけど、認めている!と言ってバックパス。そこに走ってきたのはロミオ。

 

そしてロミオがシュートってコケる。コケながら投げたボールがコロコロコロ…と転がってゴール!!

 

かっこ悪い決め方だなとみんな目が点…

 

結果二年の勝利。これでエキシビジョンは終わった。そして今年は混合で体育祭をすると宣言するロミオ。楽しもう!!と。

 

その後、ロミオとアイルが話している。混合でやるとはなと言うと、アイル達のおかげだと言うロミオ。

 

俺たちはどちらが優れてるかばかりだった。でも最初から協力してたらもっといい学園にできたかもな。お前に任せたよとアイル。

 

体育祭をみている観客が何かざわついている。どういうことだ?ふざけるな!

 

新たな波乱が…

 

↓↓ここでネタバレ記事をまとめてます

寄宿学校のジュリエット ネタバレ一覧
寄宿学校のジュリエット 88話 寄宿学校のジュリエット 89話 寄宿学校のジュリエット 90話 寄宿学校のジュリエット 91話 寄宿学校のジュリエット 92話 寄宿学校のジュリエット 93話 寄宿学校のジ...

 

寄宿学校のジュリエット 96話の感想

やっとエキシビジョンが終わりました。こんなにダリア・ウォーリアーズゲームが長く続くとは思いませんでしたね。

 

まず良かったのは、これで玲音が監督生の仲間になれたかな?って所ですかね。監督生になっても恨まれてたとは…みんなしつこいですね。

 

でもペルシアの救いで、これでうまく行ったと思います。そのペルシアの優しさに聖母か…と言った玲音はやっぱ面白かったです。

 

語彙のセンスが本当にやばい!ですよね。僕は玲音好きなんですよね^^

 

そしてチームワークを学んだ二年は体育祭も混合でやることに。学園内だけで論争ならロミオ達が対処しやすいでしょうが、今回は外部の人間もいるんですね。

 

観客が何で混合なんだと怒り出してました。これはきついですね、ロミオはこれをどう切り抜けるの見ものです。次回が楽しみです^^

 

 

コメント