古見さんは、コミュ症です。 175話 ネタバレと感想! 四つ葉みつけた!

週刊少年サンデー

古見さんは、コミュ障です。 175話ネタバレ

場面は古見さんちのリビング

 

夏木戸零ちゃんと古見さん、そして古見さんママの三人。食事が終わり、無言でごちそうさまの手を合わす仕草をする零ちゃんと古見さん。

 

それを見ていた古見ママが天気がいいから外で遊んだらと提案する。無言の二人。何故か顔を赤くして照れている二人。それを不思議そうにみるママ。

 

すると席を立ち、電話器のとこで何か書いてる古見さん。そのメモを座っている零ちゃんにスッと見せる。公園にいきましょうかと書いてある。それに零ちゃんがはい!と書き返す。そして部屋から無言で出ていく二人。

 

なんなのこれとやはり不思議に思うママ。

 

公園にやってきた零ちゃんと古見さん。外はセミが鳴き、陽も照っていて気温も高い。日陰で休む二人。古見さんが自分が被っていた麦わら帽子を零ちゃんに無言で被せる。ちょっと恥ずかしいような嬉しいような感じの零ちゃん。

 

古見さんの手に四葉があるのを目にした零ちゃんは、おもむろに前の草むらで四葉を探し出す。しかし見つからない。

 

そこに、尾根峰ねねがやってきて古見さんに声をかける。妹いたの?と聞くと、実はいたんですよ~みたいな感じで無言で照れながら返事を返す。すると否定してください!とれいちゃんが声にする。

 

そこに尾根峰ねねの次男かずやと次女ののが来て、古見さんを遊ぼーと連れ去った。行っちゃった‥て感じの零ちゃんと尾根峰。そんな零ちゃんにシャボン玉を吹いてみせる尾根峰。お互い自己紹介して、シャボン玉一緒にやらない?と零ちゃんを誘う。

 

きれいなシャボン玉を吹いてみせると、嬉しそうな零ちゃん。やらないかと零ちゃんにシャボン玉を貸してくれそうな所で、古見さんが手招きしているのに気づいた。すると一目散に古見さんの方に駆けていく。古見さんに懐いてるんだなーと気付く尾根峰。

 

シャボン玉でみんなで遊ぶ。何かひらめいた古見さんが尾根峰に耳打ちする。シャボン玉にレモンシロップを入れ、それを吹く古見さん。それを零ちゃんに服で弾いてみなと教えてあげる尾根峰。やってみるとシャボン玉が弾いている。それが子供達に大受けでみんな楽しそう。

 

零ちゃんが最高の笑顔をしている。それを嬉しそうにみる古見さん。そしてふと零ちゃんが何かを見つけた。それは四葉だった。

 

硝子お姉ちゃん!弾んだ声の零ちゃん。

古見さんは、コミュ症です。175話感想

古見さん美しいしなんかかわいいです^^

 

物静かですが、笑顔がステキで根は明るい気がしますね。そして何よりも優しい。そんな古見さんに零ちゃんももう懐いてる感じがしていい雰囲気です。

 

古見さんのこれからの成長がどう描かれていくのか楽しみです。次回は二人が一緒にお風呂に入るみたいなので、さらに関係が深るでしょうね。これまた面白そうな二人が見れそうです^^

 

コメント