PとJK 53話 ネタバレと感想-辞められないカコに、苦しむコウタ-

別冊フレンド
スポンサーリンク

PとJK最新53話のネタバレと感想をまとています。3月13日発売の別冊フレンド4月号に連載中の漫画です。

 

スポンサーリンク

PとJK 53話のネタバレ

朝学校で友人と会うカコ。

 

大神が髪を黒くしたんだよとカコが友人に言うも、それ知ってるよと言われ何で知ってるの?と自分が置いとけぼりされていると感じる。

 

そこに背後から唯が、仲間はずれだと笑う。そしてぼっち体質だねと可愛く言う。

 

そんな唯がカコに今日ボランティアに行くかと聞くが、悩むカコ。

 

カコは思い出していた。コウタからボランティアはもう辞めてくれと言われていたのだ。そんなコウタの気持ちにこたえたいと。

 

色々考えたカコだが、辞めるなら挨拶ぐらいしたい、それだけだ。そう思って唯にボランティアに行くと伝える。

 

唯とカコが養護施設に行くと、二人は大人気。そして唯は折り紙が得意な事がわかる。唯は兄が自分よりもうまいと自慢していたのだ。

 

それをカコに知られて照れる唯。

 

みんなで折り紙を折っていると洗濯物を干してとお願いされるカコ。一生懸命干しながら、これじゃいつもどうりじゃん!辞めるって言いに来たのに…

 

そこにちい先生が来て、追加お願いと洗濯物を渡される。気まずそうにするカコに昨日不快な思いさせてごめんと謝るちい先生。

 

そして辞表を出したことを伝える。そのことをコウタにも伝えてと言われる。

 

何でやめるの?今の先生は人を傷つけるようには思えない。とカコ。ちい先生は被害者の気持ちに分かるでしょ?

 

するとカコは自分が辞めます!と必死な顔で言う。カコが辞めるのは勝手だけど、自分は辞めると言う。

 

犯罪者と知らないで懐く子供が可哀そうだ。身の丈にあった仕事をするとちい先生。

 

身の丈って何!そういうカコは、コウタのどっちの味方なんだ?という言葉が脳裏に浮かんでいる。

 

僕が更生してると思ってるんですか?自分のことよく知らないくせにとちい先生。

 

君は僕をかばってくれるけど、誰かと僕を重ねてるんじゃない?そう言われ、大神とちい先生を一緒にするなと言われたことを思い出すカコ。

 

僕はその人じゃないし、君の理想にみんながなれるわけじゃないとちい先生。

 

そこに施設の子がやってきて背が伸びた!もう二人より大きいかもと嬉しそうだ。

 

悔しがるカコだが、ちい先生は自分は今も背が伸びてるからとさらっと言う。

 

ええ!二十歳なのに?どうして?秘策は?と食いつくカコ。のび~る体操をやってるとこたえるちい先生。

 

その体操を教えて!としつこいカコに、ユーチューブで見れるからと教えて去っていく。

 

そんな彼を見て、普通の人と思うのは間違いなのか…と考えるカコ。

 

そして派出所でコウタが働いている。仮眠の時間になって眠ろうとすると、カコから電話。カコは昨日のことを謝っている。

 

そしてボランティアを辞めることが出来なかった。コウタが傷つくのは嫌だけど、初めてしたいって思えたことだから辞めたくないと。

 

分かったよ、自分の人生だから君のすきなようにすればいい。今、どんな顔してる?とコウタ。

 

普通…かな。その時、上司に呼ばれ仕事に戻るコウタ。貰った折り紙を見つめるカコが悲しそうだ。

 

コウタが仕事から帰ってくると、明るい姉が待っていた。姉がコウタの顔を見て何か異変に気付く。どうしたの?

 

ねえちゃん…眠りたいと姉にもたれかかる。

 

スポンサーリンク

PとJK 53話の感想

コウタの気持ちもわかりますね。犯罪者というか父を殺されたからね…気持ちを切り替えるとか簡単じゃないですよね。

 

更生していたとしても、家族はそう簡単に割り切れるものではないかと。

 

その気持ちはカコも分かってるとけど、家族の気持ちまではさすがに寄り添えない部分があるのかなと思いました。

 

カコがいい人、優しい人、普通の人、そうちい先生を思えても、コウタからしたら、カコがちい先生と普通に接してるのは辛いですね。

 

自分とちい先生どっちとるの?と言いかねない状況ですね。似たような事は前言いましたし、実際…

 

コウタもカコも二人して悩んでますね。これは軽く危機だと思います。

 

最後、コウタの姉に寄りかかってましたが、姉に相談していい解決策が出てくるといいですね^^

 

 

コメント