リクドウ 221話 ネタバレと感想-リクの秘密を知るナズナ…!-

週刊ヤングジャンプ

リクドウ221話のネタバレと感想をまとめています。

 

リクドウ 221話のネタバレ

世界戦で王者デイヴィッドに破れた椿。その話題をしながら水木と徳さんの試合を見に来ている観客達。

 

その中に、心ここにあらずという感じでボケーッと何となく観ているリクがいる。馬場会長が次に当たるかも知れんからちゃんと観てろよと伝える。

 

意識が飛んでるリクは会長の言葉に遅れて返事する。戦車とやりたいんだろ?それは無理だから忘れろと言う会長。

 

気にしてないとリクは言うが、やはり椿の世界戦以降ボーッとしてることを心配する会長。

 

リングで観客のリクにポーズをとる水木とフレディ。その時フレディや苗代に言われた言葉がリクの頭をよぎる。

 

本当の戦う理由…満足したらリクはどうするの…

 

俺には皆と同じようにボクシングに執着する何かあるのか…

 

ベルトの次はどうすれば…

 

場面は馬場拳闘ジム

 

苗代は忘れ物探しにジムに来ていたが、あまりの汚さに半切れ。何故かもくもくと掃除をしている。

 

壁に貼ってる所沢に対して、早く帰ってこないとリク辞めちゃうかもよと独り言をいう。それを立ち聞きしてしまった三原の妹のナズナ。

 

1人ですか?と聞かれ、以前の事がありドキッとする苗代…

 

場面は後楽園ホール

 

TKOで水木が勝っていた。リングからリクに向け明らかに挑戦状を叩きつけている。リクは反応しない。

 

場面は馬場ジム

 

何故か一緒に掃除している苗代とナズナ。目標を達成したからリクは今全く覇気がないと言うことを苗代から聞いたナズナ。

 

苗代は一緒に暮らしててもリクに何もしてあげられない。所沢にしかリクをやる気にさせられないという。

 

悔しそうにしているとナズナがあなたは知る権利があるからと、リクに関わる所沢ともうひとりの存在を話そうとしていた。

 

綺麗な女性の姿が…

リクドウ 221話の感想

リク本当に上の空ですね。確かに目標達成したらどうしたらいいか分からないってのはありますね。しかも好きで初めて目指してた訳じゃないから尚更ですよね。

 

水木に次やろうぜ!とリング上から煽られても、返事できない位ですからね。重症ですね。

 

可愛そうなのは苗代ですよね。一緒に住んでて何もしてあげられないとかこれ女性つらいですよね。男でも彼女がつらそうなのに何もしてあげられないとか堪らないですよね…

 

ナズナが言ったあともうひとりって凄く気になりますね。綺麗な女性が描かれてましたけど、リクのモチベーションにどう関係してるんでしょうかね。

 

次回はこの辺深く掘り下げてくれそうなんで、リクの事がより良く分かりそうですね。

 

コメント