7人のシェイクスピア 75話 ネタバレと感想-ジョウンは女王隠密部隊?-

週刊ヤングマガジン

7人のシェイクスピア75話のネタバレと感想をまとめています。1月7日発売のヤングマガジン№6に掲載されている漫画です。

 

ネタバレの前に前回74話のあらすじをおさらい!

観客達から拍手喝采の評価を受けたシェイク達だが、そこに女王陛下が現れる。演劇を見ていたのだが、シェイクに色々と質問をし何かを探っていた。

 

ワースが機転を利かしその場はどうにか切り抜けたシェイク。帰り際、女王陛下はシェイクに王室御用達のろうそくを贈る。

 

そしてシェイクが自分を欺いている事に気付いた女王陛下は怒り、ジョウンを準備させ手はず通りやれと指示を出した。

 

詳しくは7人のシェイクスピア 74 話ネタバレと感想

 

7人のシェイクスピア 75話のネタバレ

演劇の後、劇場からの帰り道でなにやら話しているシェイクとワース。女王陛下の質問きわどかったなとワース。なんとか切り抜けたなとシェイク。

 

シェイクは次回の演劇について色々リクエストもしていた。2人の後ろからマントをつけた奴が見張っている。何か後ろに気配を感じ、振り向くワースだが後ろに人は立っていなかった。

 

2人が建物の前につくと、キョロキョロしてまわりに誰もいないことをを確認して中に入っていく。後をつけていた奴がその行動を見ていた。

 

そしてその人間はとても美しい男装した女性だった。建物の中では皆が今日の感想などを話しながら食事していた。

 

そこに雨が降っている中、建物を見張っている人間が2人いる。ジョウンとその叔父だった。女王陛下が言っていたジョウンとは彼女のことだった。

 

ジョウンは2人が建物に入る時かなり警戒していたことを叔父に話し、女王陛下を欺くとは許せないと真剣な顔をしている。

 

華麗な身のこなしで建物の敷地に入っていくジョウンと叔父。2人は中の様子を確認し、裏にまわることにする。すると窓から明かりが漏れていることに気づく2人。

 

ジョウンが壁を忍者のように華麗に登っていく。そして中を覗くと、ろうそくの灯りの元で何か書いている少女だった。そして部屋にいた犬がジョウンに気付き吠える。

 

手を滑らせ下に落下するジョウンだが、身のこなしがやはりうまい。無事に着地する。急いで敷地外に逃げる2人。

 

逃げている途中、何を見たんだと叔父が聞くので、女王陛下が贈ったろうそくと女の子と答える。けどあれは…と言葉を飲みこむ。

 

ジョウン達が自分の馬をとりにくると、2人の夜回りに会う。ここで何してる?お前男装してるのか!と怪しむ夜回り。

 

夜回りの1人が片割れに応援を呼べ!と叫ぶ。男女が性別を替えて変装することは、聖書の教えにより神の嫌う行為と言われていたのだ。

 

だが、叔父が応援を呼びに行こうとした者を一突きでしとめる。手慣れている。そしてジョウンも男に蹴りを入れ、低劣な下層民衆が!と言って剣でとどめを刺す。

 

場面はロビンがいた部屋

 

シェイクがろうそく気に入ったかと聞くと、うなづく少女。

 

7人のシェイクスピア 75話の感想

ジョウンいきなり登場してきましたね^^もう少し謎にするかなと思ってたんですけど、案外出番早かったですね。

 

ジョウンと叔父の身のこなしは只者じゃないですね。見た感じ女王直下の隠密部隊って感じですかね?しかも一般人を見下してる感が王族に仕える者って感じです。

 

さらにめっちゃ美人ですよね!是非帽子をとったジョウンの素顔がみたいですね^^でもジョウンはこれから敵なんですよね…

 

できればシェイク達と仲良くなって、ちょこちょこ出てきてほしいかなって思ったりww

 

さて住処がバレたシェイク達だがこれから襲撃でもされるんでしょうかね。それとあの少女、あれロビンじゃないのかな…似てる気がしたんだけどな。

 

それも次回期待したいと思います^^

 

コメント