高嶺の蘭さん 21話 ネタバレと感想-蘭が迷ってる間に七海は晃に告白-

別冊フレンド

高嶺の蘭さん最新21話のネタバレと感想をまとめています。3月13日発売の別冊フレンド4号に連載中の漫画です。

 

高嶺の蘭さん 21話のネタバレ

私だってできる!と頑張って晃にキスしようとする蘭。しかしそこには多くの人がいて二人を見ていた。

 

いそいで蘭を話す晃。ちょっ落ち着いて!話を!と晃が慌てて言うが、我にかえった蘭はかああっ!と顔に血がのぼってごめえええん!とその場から急いで逃げる。

 

何て失礼なことしてしまったんだ、最低だ変態!と晃が呼んでるのも聞こえず去ってしまった。

 

見失った…くそ!と晃

 

その夜、蘭は晃の事を考えていた。気を使いすぎっていわれた事、困った時は素直に言えよって言う晃の優しい顔。

 

そんな晃を考えると蘭の目には涙が…

 

翌朝、スキーの準備が終わりロビーにいる蘭。そこに晃の姿を見るも気まずく距離を置く。というのも、昨日晃は様子を伺いに部屋にきてくれたのだ。

 

でも恥ずかしさから部屋から出なかった蘭。

 

そして友達と話している晃が蘭に気付き、蘭を見る。すると蘭はまたしても視線を合わせないようにしてしまう。

 

気まずいよ…どうしよ…

 

そこに七海がやってきて、昨日蘭に嘘ついた。私は晃が好きと宣言する。大切な人にはちゃんと気持ち伝えないと思ったから。晃に告白するねと言う。

 

え!と行こうとする七海の腕を引っ張る蘭だが、それを振りほどいて走っていく七海。どうしよ…と蘭。

 

そこに智がやってきて勇気あるね七海、追いかけなくていいの?蘭は自信がないと言う。蘭カッコ悪いよ!好きなら行かなきゃ!と智に急かされる。

 

走り出す蘭。そして滑りながら二人を探すが、中々見つからない。やっと見つけた!と思ったら、男友達の邪魔が入り見失ってしまった。

 

ショックで倒れ込む蘭に駆け寄る智。智が早く探そうと勇気づけるが力が抜けた感じの蘭。蘭はちょっと1人にしてと言う。

 

遅かった…気付くのが…

 

一方ななみは晃に好きと告白していた。真剣な顔でその言葉を聞く晃。

 

その頃蘭は階段で瞑想にふけっていた。深呼吸をして自分の落ち着きを感じる蘭。

 

一瞬の迷いでこんな事になってしまうんだなと悟っていた。晃が蘭と呼ぶ姿がたくさん溢れ出し、涙が出る。

 

そこに七海が蘭ちゃん!と言って上から飛んできた!

 

高嶺の蘭さん 21話の感想

蘭ちゃんは豪快なんだか繊細なんだか分からない子ですね。あ、繊細だから振り幅がデカイのかな。

 

にして自分に素直ないい子だなと思いますね。晃もそんな所に惹かれてるんじゃないかと思うんですよね。

 

とりあえず七海は告白したんで、晃がどう返事したかは分かりませんが話は進みそうですね。

 

予想としては七海が上から飛んできたことを考えると、七海は振られた気がします。うまく行ってたら、まだ帰ってこないでしょ^^

 

あとは、しっかり蘭が晃と向き合えばうまく行くと思いますね。これは応援したくなりますね。

 

せっかく雪があるんで、ロマンチックな雰囲気を晃が作ってあげるといいかなって思います。

 

次回は勇気を出す蘭がみれるといいなと思います。楽しみですね^^

 

 

コメント