約束のネバーランド 118話 ネタバレと感想-ミネルヴァは…ノーマン!-

週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド118話のネタバレと感想をまとめています。2019年1月7日発売の週刊少年ジャンプに掲載されいる漫画です。

 

前回117話のあらすじ!

薬を盗みに農園に侵入したエマ達は、途中襲われながらも突如あらわれたハヤト達の仲間ザジに助けられ、無事薬を持って皆で仲間たちのとこへ向かった。

詳しくは約束のネバーランド 117話 ネタバレと感想

 

約束のネバーランド 118話のネタバレ

エマ達は無事仲間たちの元にたどり着いていた。そしてザジの異様さに岩陰から隠れてみている子どもたち。子どもたちに向かって行こうとするザジ。

 

そんなザジから子供たちを守ろうと、ハヤトが両手をひろげ必死だw

 

怯える子供たちの中でジェミマだけは、ザジが身につけているトラのぬいぐるみをかわいいと微笑んでいる。

 

一方、クリスは無事くすりが効いたようで安心するエマ。エマも疲れてるだろうから休んでと皆が気遣うと、今日はここで休んで明日出発するとエマ。

 

ミネルヴァの元へ行く途中、今まで見たことない大きさの森を目にするエマ達は驚く。そしてアジトはもうすぐだ。

 

そんな中レイが大きな鬼の足跡を見て、本当にこんな所にアジトがあるのか?と不審がる。ハヤトが先に行ってボスに知らせてくるというと、物凄い速さで行ってしまった。

 

その異様な速さに、レイは何か気づいたようだ…

 

そしてついにアジトに到着するエマ達。

 

そこはとてつもなく大きな木の中に町が出来上がっていた。そこはある鬼の一族の隠れて住んでいた集落だったようで、町の鬼もここの存在を知らないということだった。

 

そしてクリスは設備が整った医務室に。他はジンが町を案内している。そこは本当に活気があって、子供たちはみんな笑顔だった。

 

みんなにお茶やお菓子でもてなされるエマ達。もてなしてくれる子供達の手に何かマークが入っているのに気付くレイ…

 

ボスがエマに会いたいという事で、エマはハヤトに連れられて行く。やっとミネルヴァさんに会えるんだ!と感謝の気持ちがわきあがっていた。

 

そしてある扉の前に立つ。ハヤトがエマを連れてきたと報告すると、入れと声が聞こえる。

 

ハヤトは扉を開き、その場を去る。そしてエマは驚きの表情をする。

 

ようやく会えたねと、大きくなったノーマンがそこに立っていた。うそ?どうして?と理解できず涙が止まらないエマ。

 

約束のネバーランド 118話の感想

今回もザジがちょっとおもしろかったですね^^あいかわらず「あう~」としか話しませんが、子供たちに向かっていこうとする感じが笑えました。

 

本気で襲うつもりはないんだろうけど、ハヤトが子供たちを守っているシーンはよかったですねww

 

そしてミネルヴァの元に向かう途中にレイが何度もなにか考えてましたね。鬼の足跡はただいるって感じでいいのかな?と思ったんですが、あれも何かの伏線なのか気になりました。

 

他にもハヤトの足の速さ、ザジの人間離れした強さ、そして子供たちの手の甲に謎のマーク。これらに引っかかるレイは何を思ってるのか、これが次回から分かると思うと楽しみですね。

 

そして昔連れて行かれたノーマンが現れた。この秘密、気になりますね^^本当にノーマンなのか?そこから楽しみです。

 

コメント