約束のネバーランド 123話 ネタバレと感想-エマ…気持ちを爆発!-

週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド最新123話のネタバレと感想をまとめています。2月18日発売の少年ジャンプ12号に連載中の漫画です。

 

↓↓前回122話のネタバレは下で確認できます!

約束のネバーランド 122話 ネタバレと感想-エマの本心対ノーマンの手紙-
約束のネバーランド最新122話のネタバレと感想をまとめています。2月9日発売の少年ジャンプ11号に連載中の漫画です。 前回の話し121話のネタバレは下で読めますので、確認したい人は見てね! ➔約束のネバーランド ...

 

約束のネバーランド 123話のネタバレ

エマはレイに自分がどうしたいのか、どうしたらいいのか分からないと自分の気持をさらけ出す。

 

エマは鬼との共存を一番に考えているのだ。ノーマンの提案する方法も分かるが、エマには鬼の友達のムジカもいる。

 

ムジカは人間を食さなくても生きていけるのだ。そんな鬼も殺すことにやりきれないエマ。

 

鬼を殺したくないし、当然仲間も食べられたくない。エマはレイにそう自分の気持を伝えるが、レイはどうしたらいいかは自分にも分からないと言う。

 

農園を潰すなら人間を食えなくなる訳だから、鬼はいずれ滅びるだろう。じゃあ逃げ続ける選択をとれば、鬼に追われたり戦争が起きる可能性がある。

 

そうすれば、人間が死ぬ可能性もある。

 

それらを踏まえて、現状ベストはノーマンの提案する考えが一番じゃないか…

 

レイはエマに今は何もできないんじゃないか、エマが言ってるとおり動けないと答える。

 

それを聞いて絶望の顔でレイを見つめるエマ。

 

レイなら何か助け舟を出してくれると思っていたのに、何も出来ないって…それなら何で自分にこんな話しさせるんだ!ときつくあたるエマ。

 

エマは今めっちゃ心に爆弾をかかえている。どうしたらいいのか迷っている。それが今後色々な危険をみんなに招くかも知れない。

 

それなら、今ここで出来るだけ自分と向き合い、考えを整理しとかなければいけない。特にこれからの事を考えればとレイ。

 

エマは自分に気持ちに正直になること決め、ノーマンに話に行くことを決める。

 

ノーマンが考えてる作戦はムジカ達には影響しない事も知らせる必要がある。なぜならノーマンが農園を潰しても、ムジカ達は関係なく生きていけるのだ。

 

そしてエマとレイはノーマンに話に行く。しかしそこにノーマンはおらず、知らない人物が…

 

約束のネバーランド 123話の感想

エマは今まで黙っていた事を一気にレイに吐き出しましたね。答えてくれないレイに怒ってましたがww

 

というかレイがエマに吐き出させた感じですね。さすがレイという感じです。レイはエマに気持ちを整理させたかったんでしょうね。

 

エマがいなければ、レイもノーマンの考えには基本的に賛成っぽいし。

 

さて、せっかくエマが気持ちを固めてノーマンに意見しようとしましたが、肝心のノーマンがいませんね。

 

ノーマンは前回秘密の手紙を出してましたが、それと何か関係あるんでしょうか。例の会談というやつに参加してるのかも知れませんね。

 

それとノーマンの部屋にいる人物、気になります…

 

次回ノーマンが何をしているのか分かると思うので、話が複雑になってきそうで楽しみですね。

 

次回エマとノーマンが対決するところはまだなさそうが、2人の対立も早く見たいですね^^

 

コメント